6月21日 今日は何の日 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

6月21日 今日は何の日

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
家計の基本(お金との付き合い方)

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

今日は二十四節気の1つ「夏至」。北半球では一番昼が長く、夜が短い日ですね。

 

さて、1993年(平成5年)の6月21日は、銀行や郵貯の定期性預貯金金利の完全自由化がスタートした日です。

 

日本では、金融機関は「護送船団方式」と呼ばれ、長く政府によって手厚く守られていました。

例えば、証券業務と銀行業務は、完全に分離されていて、お互いの縄張りが守られていましたし、銀行同士も長期信用銀行・信託銀行・都市銀行・地方銀行・信用金庫などの融資対象が重ならないようなシステムになっていました。

 

金利も一定に決められていて、銀行間の金利競争はありませんでした。

 

今でこそ、インターネットで各金融機関の預金金利を比較して、金利のよい預金に預けかえるということができますが、あの頃は預金金利に差がないので、粗品で選んでいた人も多かった気がします(笑)。

 

当時は、定期預金の金利は1年物で3%前後でした。

それに比べると今の金利は低過ぎますね。

 

 

森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

「銀行口座(預金)」の種類・特徴 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/08/28 07:00)

先日の預金封鎖の特集と銀行の選択 井浪 啓之 - 保険アドバイザー(2015/02/20 18:06)

「フィッシング詐欺の実態を探る!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/01/17 17:28)

本当に消えてしまう貯金 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/13 14:00)

預貯金にお金を置いておくということは・・・ 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/03 10:45)