今までの考え方でいいのかな? - 経営者・エグゼクティブコーチング - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今までの考え方でいいのかな?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. 経営者・エグゼクティブコーチング

最近のコーチングセッションの中で企業経営者セッションで感じた事を書こうと思います

ある企業(同族会社)で経営者の方とコーチングセッションをしています

当初のテーマは不採算部門の今後の進め方でした

いつも思うのですが経営者の方がこのようなテーマでセッションを受ける時には

結論は出ているのですね

その上で更に整理するためにセッションをするのだと思いますが、今回は

ちょっと違っていました

今までのその部門の経営を見直す(M&A、廃業)、責任者を変えて再構築を

させてみるなど迷いが深かったようです

そこでセッションの最初に経営者の将来像を伺いました(個人として)

お話を伺っていて出てきたのは子供さんの将来と会社というテーマでした

 

企業経営者のテーマに事業承継という大きなテーマがあります

そもそも会社を将来どのようにしたいのか?

現状を動かすのでいっぱいの方に将来を考える時間は無いようです

結局、本来の思いと違うところに精力を使い果たし、そのせいで将来の事を

考えない言い訳をしている(思考逃避)

 

こんな時に経営者の方にパーソナルファンデーションの一つである

“家族”について伺うことにより視点が変り考える時間を作っていただけました

ここから変化の一歩が出たように感じます

 

今の問題は、今の方法では解決しない(誰か有名な方も言ってますね)

次元を変えたり、視点を変えて問題を見る事をすると何か見えるのです

“普通は”“一般的には”という考えの根拠は何なのでしょうか?

変化は起きるのでなく起こしていかなくては自分の描く将来は掴めません

予想でなく、創造することにより未来を掴みましょう!

 

その為には、フレームを変える事が必要ですね

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

経営者の悩み 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/22 00:04)

高齢の経営者 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/07 23:16)

今後稼げる仕事を考える 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/02/09 00:50)

決断の時に誰に相談したいか? 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2011/12/29 22:00)

売上を120%にするコーチング??? 阿江 忠司 - ビジネスコーチ(2011/12/20 09:00)