ギリシャ選挙とフラット35 - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

前野 稔
MC PLUS 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ギリシャ選挙とフラット35

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

ギリシャ選挙の結果、欧州不安が後退した影響により、株式市場も値を上げました。

 

このまま推移すると、長期金利の低下も収束し、上昇傾向へ向かうと推測されます。

 

フラット35の金利は長期金利と連動してるため、最近までの長期金利の低下の影響で6月のフラット35の金利は史上最低を記録しましたが、7月以降の金利は、上昇する可能性があります。

 

フラット35の金利は実行時点の金利となりますので、6月に申込しても、実行時点では、数か月先となりますので今後急激に長期金利が上昇すると、現在計画中の資金計画に大きな影響がでます。

 

フラット35を借入予定の方は、今後の欧州経済の行方に注視するようにして下さい。

このコラムに類似したコラム

欧州不安と住宅ローンの意外な関係 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/09 17:00)

フラット35 物件価格の10割から9割へ 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/23 23:00)

9月の【フラット35】借入金利 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/05 23:00)

フラット35 8月の借入金利 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/06 23:00)

4月の住宅ローン金利と今後の動向 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/04/05 16:40)