黄金エイジ VS  EX黄金エイジ - コラム - 専門家プロファイル

加藤 ゆき
BREEZE 講師
愛知県
パーソナルコーチ
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

黄金エイジ VS  EX黄金エイジ

- good

Breezeで、つくった用語です。ここでの意味も紹介します。


黄金エイジ

8歳~11歳のこども・・・コーチングメソッドでとても結果が嬉しい年代。言い換えれば、可能性を伸ばしたり、夢や目標に向かっていく脳力を養う最高の時期と考える。


EX黄金エイジ

人生半分以上過ぎ、後半に入った年齢 、アラ50・60・70。Extreme(究極の最先端の最終のなどの意から・・・)コーチングでマインドを変えれば、究極のGOALへ進む時期。

Breezeとして、好きな分野は、8歳から11歳までのコーチングで、自信、わくわく、結果を出すです。
そちらの方は、たくさん実践済み。


最近は、どんどん熟年者がコーチングに興味をもってくれ、そちらにも面白さが増してきました。


大人でもママ、親子、アラ40までは、たくさんのライフコーチングがいたるところで盛んです。スポーツ、経営者、幹部など指導者からスタートしたコーチングも一気に広がりました。最近は一般でも「コーチング」と話しても伝わることがほとんどです。

50代以後、つまりEX黄金エイジのライフコーチングは、少なかったです。(カウンセリング、癒し系は多いと思いますが。)
数年前は、この年齢のひとが、価値観の違いに拒否反応を起こしてこともありました。(ビジネス関係以外)

そんなこともあり、熟年は、苦手科目でしたが、 変わりました。

数年前より、受け入れやすい人、興味深々の人が確実に増えています。 希望してきます。
両局面化もあります。

この年代は、決断したらすごいパワーで行動します。逆にコーチをニーズに合ったように使ってもらえます。人生の先輩や同年代ですから、コーチングに抵抗がなくなり「目から鱗」のごとく喜んでもらえます。積極的にさらに学びたいと、生活を変えたいと欲望は果てしないです。(笑)

自ら来てくれる人たちは、すごい吸収力、脳科学でわくわくがどうマインドに作用して・・・など飛びついて、自分のカラーと混ぜ合わせる力も面白いです。

潜在意識の、固かった・重かった・奥に隠れていた50代以降の方々が、脳科学・コーチングで 黄金エイジになる瞬間がたまらなくいとおしく素敵 でhumanです。

黄金年齢(8から11歳)とはまた違った面白さがあり、わくわくです。今二股かけてます。(笑)

コーチ業は、自分自身が楽しんでいけます。

潜在意識の存在を学び、黄金エイジにわくわくを体験してほしいと思う方、 コーチになるという選択もできます。

上司も、難しい顔している人も、潜在意識をほどいてあげる喜びを感じて みたい方、伝導します。

わくわくです。


このコラムに類似したコラム

命を使うということ 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/11/06 18:19)

もしも桃太郎にコーチがいたら 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/10/24 18:21)

ドキドキする癖を治したい~年齢退行療法の感想をいただきました 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/10/06 20:15)

心には「自動ドア」がある 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/09/28 09:19)

「女の一生」 八木 磨千子 - 婚活アドバイザー(2013/05/02 08:35)