海外ケータイ事情 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

杉本 勉
株式会社エリートネットワーク 法人営業 兼 転職カウンセラー
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外ケータイ事情

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
最新の 転職マーケット情報 企業との打ち合わせ現場から

「片手キーボード」の話。
「片手キーボード」つまり“ケータイ”のこと。

先日、携帯サービス開発を手掛けるベンチャー企業の社長と、お打合せした時の話。

現在展開中のサービスが、ユーザー数100万人を突破し、
いよいよ来年はアジアへ事業展開するという。

欧米での展開はされないのですか?との問いに
「しないね。」とのご回答。

理由は、携帯の使い方が違うというのだ。

アジアは日本同様、“ケータイ”を片手に、
電話もメールも行うのが一般的な使用方法であるが、
一方、欧米では、携帯はPC通信の補完をする位置付けで、
メールやその他機能を使う用途はマッチしないとのこと。

また、コンテンツ会社とは異なり、
機能説明部分のみ翻訳してあげれば、すぐに安価で展開できる為、
成功した姿をイメージし易く、
また、その程度の改良で事業参入できる為、失敗したとしてもリスクは少ない。

従来、日本の携帯コンテンツ会社が欧米に進出して失敗してきたのは
文化の差異によるコンテンツの中味の問題と考えられてきたようだが、
実はそもそもの“ケータイ”の使用方法の違いによるところが大きいのではないかとも分析。

なるほど〜、とつい唸ってしまった。

元々、同社長は、ゲーム・アニメに詳しく、
ご自身がファウンダーとして設立した会社の内、少なくとも2社が上場しているという
恐ろしいほど運とセンスの良い方。

ゲーム、アニメの世界では、最初から日本発で、世界一になることが大前提だという。
まるで、日本の国技、柔道みたいな感じだ。

同様に、この“ケータイ”の分野は、日本が世界的にも進んでいる。
だから、コンテンツでも勝負できるはず。
そう心の底から思っている社長の下で、開発されたサービスが
まずアジアを皮切りに世界進出するのも、もう時間の問題だ。

日本が勝てるのは、「片手キーボード」の領域なのかもしれない。

このコラムに類似したコラム

エリートネットワークと転職者の繋がり 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2007/01/04 11:43)

中小企業採用ノウハウ(1) 清水 健太郎 - キャリアカウンセラー(2013/08/28 15:57)

就活に「よい顔」で臨むために 岡崎 緑 - キャリアカウンセラー(2012/12/17 13:04)

合説に行ったら注意してほしいこと 岡崎 緑 - キャリアカウンセラー(2012/12/01 13:57)

自分の「こだわり」を明確にする方法 岡崎 緑 - キャリアカウンセラー(2012/10/16 20:07)