人生順風満帆 - コーチング全般 - 専門家プロファイル

L.C.L. 根本 雅子 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人生順風満帆

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

人生、順風満帆ばかりではなくて、当たり前。

 

憂いとユーモアの混在に人生の、生きる面白さがあるのかもしれません。

 

“Lawrence of Belgravia” という映画を数週間前に観ました。ロンドンのインディー映画で、british band の元フェルトやデニムのリーダーのLawrence のドキュメンタリー。

私は、このバンドのことは、映画を観る迄知らなかったのですが、日本でも大ヒットした女の子2人組british group シャンプーにも曲を提供したことがある人。(音楽ファンの人は、フェルトもシャンプーもご存知の方が多いと思いますが)

 

この映画のスクリーニングの後に、監督(Paul) とこのLawrence自身が舞台にでて、Q&A(質問コーナー)の時間がありました。

 

映画は、Lawrenceがメガヒットを目指して、アパートの立ち退きや公共料金の滞納ペナルティを50歳を超しても何でも夢を追い続ける姿が、ロンドンの風景とともに描かれています。

そして、今も、自分の夢を変わらず追いかけているLawrence.

 

監督のPaulは、Lawrenceの音楽才能はもっと評価されるべきという思いからこの映画を創ったようです。

 

質問の一つで、「映画は、とてもユーモアに溢れていると同時に、メランコリー(哀愁)だ。Lawrence, これからどうするのか?」

Lawrenceの解答は、「もちろん、創り続けるよ」

 

ハリウッド映画とは、全く違う映画、ドキュメンタリーで、人生にはある『哀愁』を改めて感じました。全てが勢い良くハッピーエンドではなく、憂いが人生に何かの活力をもたらすことも多々あるなと、そして、これを『哀愁、憂い』と感じるか否かは、その本人次第。Laurenceは、今日もまた自分の夢に向かっているはず。


また、『憂い』と『ユーモア』の混在に人生の醍醐味があるのかもしれません。



 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
L.C.L. 根本 雅子 

魅力・可能性開花を多角的にサポートするイギリス発コーチング

L.C.Lのロゴは、白鳥がテムズ川から飛び立つ瞬間を見て、イメージしました。「醜いあひるの子」が変化した様に、誰もが、素晴らしく、見事に、美しく自分の望む方向へトランスフォメーション(物の転換)が可能だと、私が確信しているからです。

このコラムに類似したコラム

正しいことは怖いことと気付くこと 中川 淳一郎 - 経営コンサルタント(2012/08/06 09:03)

未来を変える 西田 淑子 - ビジネスコーチ(2011/10/27 15:52)

There is a right time for everything 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2011/06/30 12:41)

どんなにお金があっても「意欲」がなければ・・ 松脇 美千江 - パーソナルコーチ(2010/07/06 10:58)

7つの習慣 星 和美 - パーソナルコーチ(2014/06/15 10:53)