扶養の範囲はどこまで? - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養の範囲はどこまで?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
扶養
はじめまして。
いつも為になるお話を拝見させて頂きありがとうございます。

33歳、子供なしのアルバイト主婦で、主人は、高校教師です。

扶養家族でいるために、
年収103万円以内で働こうとしているのですが、、、。
(103万円を超えれば所得税を払い、
130万円を超えれば扶養家族からはずされる
ということであっていますか?)

主人の職場には、自己申告の給与明細
(交通費を引いた額を自分で計算して)を
提出すればいいんですが、
友人宅は、申告せずにやっている^^;とのこと。

でも、監査が税務署??から入る場合とか、
職場の方が調べたりとか、
やっぱり不正は分かるものなんでしょうか?

やっぱり、きちんと自己申告すべきものですか?
グレー色の質問で大変恐縮ですが、ご回答頂けましたら幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


 給与が103万円を超えれば所得税を払い、130万円を超えれば扶養家族からはずされる。
これで、だいたいあっています。

 103万円を超えても、生命保険控除など控除があれば所得税はゼロです。
130万円を超えても、翌年超える見込みがなければ、はずされない可能性があります。

 自己申告の給与明細を提出する件ですが、源泉徴収表は会社から各市区町村に行きます。
ですので、税務署が調べようと思えば調べることができます。
ようは、調べられればバレルということです。
調べるか、調べないかはわかりません。

 マネー講座・入門メールセミナーを開催中!
より豊かな暮らしを手にするためのヒント満載の無料メールセミナー
是非ご利用下さい。