大手損保と大手生保の保険料のちがい - 生命保険・医療保険全般 - 専門家プロファイル

前野 稔
MC PLUS 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大手損保と大手生保の保険料のちがい

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険・医療保険全般

先日、ある新聞で興味のある記事が出ていました。

 

東京海上ホールティングスやNKSJホールティングスでは、今期の利益が、本業の損保事業よりも生保事業のほうが利益を上回る見込みだそうです。

 

大手損保グループでは、東京海上日動あんしん生命やNKSJひまわり生命、三井住友海上あいおい生命といった生保子会社を運営しており、割安な保険料で顧客を拡大しています。

 

一方で、大手生保はバブル期に販売した逆ザヤといわれ「高利回り」の保険商品があり、「負の遺産」を抱えています。


大手損保各社が生保事業に参入したのが、バブル期以降になりますので、そういった「負の遺産」がないので、大手生保に比べて比較的割安な保険料に設定できるそうです。

 

バブルの遺産はこういったところにもいまでに残っているのですね。

このコラムに類似したコラム

KINZAIファイナンシャル・プランに連載 第13回が 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/20 13:09)

定期預金VS一時払終身保険 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/09 08:57)

医療保険の選び方 6. 払込期間 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/14 10:00)

SBIアクサ生命からネクスティア生命へ 澤田 勉 - 保険アドバイザー(2010/05/27 16:24)

【金融庁も手数料稼ぎに目を付けている!】円高でも外貨建て保険には入ってはいけない 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/08 12:26)