キャリア形成よりも仕事人生を考えよう 2 計画された偶然性 - 転職・就職全般 - 専門家プロファイル

快眠コーディネイター 力田 正明
Sleepercise (スリーパサイズ) 代表
大阪府
快眠コーディネイター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キャリア形成よりも仕事人生を考えよう 2 計画された偶然性

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職・就職全般
キャリア・転職 キャリア形成よりも仕事人生

<自己紹介> : 「企業での求人採用から給与計算など管理部門全般の業務経験」と「行政の就職支援事業に従事」の事業主側と求職者側の両方の視点で、GOALは、「自分の言葉で語る仕事人生」になってもらうことです。


********************************************************************************** 

 

 ◆さて、今回は「キャリア理論」の中で、一番現場の近いものを紹介します。

クランボルツ教授(アメリカ、スタンフォード大学)の理論で、

 「計画された偶然性(Planned Happenstance)」というものです。 


  偶然に起きる予期せぬ出来事からも、自分のキャリアは形成され、開発されるものであり、むしろ、その予期せぬ出来事を大いに活用すること、偶然を必然化することを我々にすすめています。

 

  実際の現実的な場面では、自分が描いたキャリアビジョン通りに、ものごとはすすみません。 

 

 もちろん、そのイメージを鮮明に持ち続けてると、実現度は高くなることは、言うまでもありませんが、それは、アンテナを立てているので、見逃しがちな偶然性を、必然としてキャッチできるからです。

 実際に、自分の描くキャリアへのプロセスには、人とのご縁であったり、偶然と見える出来事によって、その後の歩みが変わったりすることの方が多いのではないでしょうか?

 

  ★ 偶然にみえる出来事は、決して、何もしなくて起きたわけではありません。 その前には、それまでの様々な行動が存在しており、それらの行動が、偶然の出来事を決定しているのです。

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

転職の手帖12:候補企業を見切る 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/11/20 07:33)

生き方の達人になるためのヒント 53 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/08/24 10:00)

生き方の達人になるためのヒント 46 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/08/12 09:00)

生き方の達人になるためのヒント 43 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/08/04 09:00)

生き方の達人になるためのヒント 35 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/07/24 08:00)