企業イメージ作りにホームページを活用しませんか - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

企業イメージ作りにホームページを活用しませんか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川です。こんにちは。
今日は戦略的なホームページ活用についてのお話です。

年末年始ということで、どこの家電量販店も大賑わいのようですね。そのなかで強さを見せるのが「松下ブランド」ではないでしょうか。

松下電器の家電総合メーカーとしての強さは際立っており、顧客の指名買いや値引の少なさなどで実感することができます。

そういった松下電器の強さの要因は、製品そのものの良さや長年培ってきた企業イメージのよさなど様々ですが、インターネットの世界でもしっかりとした対応をとっています。

http://national.jp/2eco/product/

松下電器のホームページを見ていただくと分かりますが、商品に関する一般的な情報の他に企業イメージ作りにホームページを活用しています。

「エコ」という今一番ホットで消費者にとっても分かりやすい切り口で商品を説明しています。

中堅・中小企業にとって、ホームページはあって当たり前の時代になりました。今までは、ホームページレイアウト、SEO対策、検索連動型広告など技術的な視点での話が多くなりがちでした。

これからは企業イメージ作りにホームページを活用するなど、経営戦略の一環としてのホームページ活用の視点が求められるでしょう。

インターネットやホームページに取り組んでいるのなら、企業イメージ作りにホームページを活用してみましょう。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)