特注の杉板張り玄関ドア。(防火地域に注意) - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特注の杉板張り玄関ドア。(防火地域に注意)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
デザイン・設計の事例

加藤幸彦(エス)です。


エスの設計する住宅では、「特注・杉板張り玄関ドア」が定番となっています。


同じような見え方のメーカー品よりもコストはいくぶん安く、仕上がりもシンプルで必要十分な性能を備えています。

外壁などに使う杉板を表面に張って、建物に合わせて塗装仕上しています。

錠前は、勿論、メーカー品で信頼性の高い製品を取付けています。

ハンドルは、手づくり品などを取付けることもあります。

建物に合わせてつくりますから、ナチュラルな感じでとても素敵です。


ただし、法的には注意が必要です。


エスのオリジナル仕様では今のところ防火認定は取得していません(その分、コストを押さえているわけです)。よって、使用箇所には制限があります。

防火地域や準防火地域では、火災時の隣家からの「延焼の恐れのある部分」には、この板張りドアを取付けることができません。


でも、逆に「延焼の恐れのない部分」ならば、安心して板張りドアにできるわけです。

だからプランを考えるときは、いつも、玄関が「延焼の恐れのない部分」になるようにしています。


そこで、別の考え方をしてみましょう。


「延焼の恐れのない部分」とは、隣家から十分に離れた場所です。

むしろ、玄関をつくるのに適している..とも言えるわけです。



写真上:作品「ハウス・ハックルベリーフィン」

http://open-g.net/press/archives/1190


写真下:作品「小鳥が自由に飛びまわる大きなリビングルーム」

http://open-g.net/press/archives/400


************************************

エスの作品ページ:

http://www.sp-n.gr.jp/saku/saku_index.html

************************************


エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「デザイン・設計の事例」のコラム

このコラムに類似したコラム

玄関に透明ガラス 松永 隆文 - 建築家(2013/07/29 17:18)

ドアを開けると・・・・ 松永 隆文 - 建築家(2013/07/28 20:36)

玄関ドアの昨今 福味 健治 - 建築家(2012/12/18 08:22)

欅の木・杉の樽を再生・再利用した住宅 荻津 郁夫 - 建築家(2012/12/09 17:16)

玄関。この特殊なもの。 福味 健治 - 建築家(2012/08/28 07:57)