(3)老後資金として夫婦2人で8000万円必要説? - 各種の不動産投資・物件管理 - 専門家プロファイル

ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー
東京都
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(3)老後資金として夫婦2人で8000万円必要説?

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 各種の不動産投資・物件管理
アパート経営 年金大家ノウハウ取得会

前回の500人のお金に関する意識調査に引き続き、今回は『老後に必要な資金』について検討します。

今回の統計データは、総務省の「家計調査」平成24年5月より出典しています。
20120607総務省家計調査1


今回もまた「ネットマネー」(産経新聞出版)にて取材を受けた内容に関するものです。

20120601netmoney1(36ページ)

今回は、【行き過ぎた通説】についてです。

テーマは、「老後資金はいくら必要なのか?」


『老後資金は、夫婦2人で8000万円が必要』??
と言われることがありますが、これが検討された中身について、家計再生コンサルタントの横山光昭さんがコメント(38ページ)しています。

(ケース/前半) 「60歳で退職し、夫婦で27万円程度の生活費。」

毎月27万円 -> 年間324万円

(ケース/後半) 「夫がなくなってから、残った妻一人では月15万程度の生活費。」

毎月15万円 -> 年間180万円

ここで、総務省の平成24年5月の「家計調査」結果です。
20120607総務省家計調査2

2人以上の世帯の消費支出は、「1世帯当たり301,948円」

とのこと。

先の月27万では、十分だといえます。
夫婦で少し豊かに暮らすには、月27万でよいと言うのはありだと思います。
一人で生活するのに、月15万というのも無理はないと思います。


これを前提にすると、
---
(ケース1) 60歳-80歳までは二人暮らしで、80歳-90歳まではお一人の場合、

324万x20年(=6480万円) + 180万x10年(=1800万) = 8280万 

---
(ケース2) 60歳-75歳までは二人暮らしで、75歳-92歳まではお一人の場合、

324万x15年(=4860万円) + 180万x17年(=3060万) = 7920万
---
となります。

ということで、「8000万円」という数字が出ています。

これは十分な生活で、支出する生活費用をみているわけで、

8000万円を積み立てる必要があるというのとは、わけが違うようです。

一つは、「年金の支給」。
もうひとつは、「遺族年金」。

しかし、これがあてにならないという意見ももっともかとも思いますが、、、。

ここまで、振り返って、
(1)日本の人口減少
(2)お金に関する意識調査(個人個人が心配を抱えている)
(3)老後の生活資金

今後に向けて、良い話は出てきていませんが、ここで見えるのは、個人レベルで対策を打つ事がいかに大切であるかと感じ始めると良いのではないかと思います。

もちろん、生活レベルを落として、生活費を軽減するのも一つの方法ですが、、、。


【情報1】
私がサラリーマンさんを実際にサポートしている方法・考え方・事例をまとめた2冊目の書籍『あなたにもできる!サラリーマン大家入門 王道アパート経営で「マイ年金」づくり』が6/9に発売されます。ぜひこちらも参考にしてもらえればと思います。
現在、Amazonにて先行予約受付中です。


【情報2】6/24(日)のセミナーへの参加希望をいただき、ありがとうございます。
==
タイトル:あなたにもできる!賃貸併用住宅で「副収入&マイ年金」づくり

サブタイトル: 資金が多くなくても不況・サバイバル時代に、サラリーマンが生き残る方法をわかりやすく提案
20120601 0624seminar
開催日: 6/24(日) 9:30- (開場時間9:15)

場所: 中央区産業会館

交通: 都営浅草線 東日本橋駅 徒歩4分
      JR総武快速線 馬喰町駅 徒歩5分(東京駅から5分)
      都営新宿線 馬喰横山駅 徒歩5分
             JR総武線 浅草橋駅 徒歩8分

定員: 20名 (残り16名) 本日もお申し込みをありがとうございます。

参加申し込みページ: http://profile.ne.jp/s/s-3958/

近日、私の第2作目の書籍が発売される予定です。

参加者には、この本をプレゼントさせていただきます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 不動産投資アドバイザー)
ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー

小さな事でも気軽に相談できるよう心がけています。

アパート経営では相談が出来ることが少なく、虎の子の自己資金を使い、住宅ローン以上の融資を負い、不安が多いものです。小さな心配事を一つ一つ解決することが大事で、何事も気軽に確認し、入居者が快適に生活できるアパート経営を目指します。

カテゴリ 「アパート経営」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

セミナー あなたにもできる!賃貸併用住宅で「副収入&マイ年金」づくり

資金が多くなくても不況・サバイバル時代に、サラリーマンが生き残る方法をわかりやすく提案。

料金
4,762円

消費税が上がるまであと2年半、そして住宅ローン控除があるこの時期に準備しておくべきこと、同僚や同年代が知らない資産形成方法を伝えます。実際に500万ではじめられた人の事例公開、特に自分は出来ないと思っている人に伝えたい、自宅が稼いでくれる方法、そのための資金調達方法。「あなたとマイホーム」に副収入と年金対策の解決策が眠っています。ご自身と家族のために成果を得られます。

あなたにもできる!賃貸併用住宅で「副収入&マイ年金」づくり

このコラムに類似したコラム

年金はアパート経営で稼ぐ 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/18 13:03)

ネットマネーに掲載させていただきました/20年後の対策 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2012/06/02 10:00)

4800万、1780万、アパート大家が知るべき数字 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2012/02/20 11:15)

日本の人口減少 巻口 成憲 - 不動産投資アドバイザー(2011/02/18 09:45)

不動産投資でじぶん年金作り! 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/28 10:57)