睡眠専門家の睡眠知識講座 脳の情報伝達のしくみって? - 睡眠障害・目覚め - 専門家プロファイル

快眠コーディネイター 力田 正明
Sleepercise (スリーパサイズ) 代表
大阪府
快眠コーディネイター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

睡眠専門家の睡眠知識講座 脳の情報伝達のしくみって?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 睡眠障害・目覚め
睡眠知識 睡眠と脳・記憶

◆みなさん! 脳の神経細胞って、どんな構造になっていると思いますか?

  ・・・・アメーバーみたいに広がっていくイメージでしょうか?

 

**********************************

◆ まず脳の神経細胞の働きは、ある神経細胞に伝わってきた情報を次の神経細胞に伝えることです。情報の形は、細胞膜の電気的興奮(信号)です。それではどのような形で伝えるのでしょうか?

 


<ここがPOINTですが・・・・>

 神経細胞間は、「結合」ではなく「接合」なんです。

 この構造を「シナプス」とよびます。神経細胞から送られてきた電気信号を伝えるために、シナプスの隙間(シナプス間隙)に「神経伝達物質」というものが存在しています。

 私は最初知ったときは、驚愕に近い感動を覚えました。いま話題になっている「セロトニン」もその神経伝達物質の一つです。これが欠乏すると、「うつ病」を発症しやすいといわれています。


 ◆ 電気信号が神経細胞の先端に伝わると、シナプスに神経伝達物質が放出されます。その物質が次の神経細胞を刺激することで、次の神経細胞に活動電位として刺激が伝わります。その放出された神経伝達物資を受け取る部分を「受容体(レセプター)」といいます。情報の千本ノックを受け取るキャッチャーのようなイメージです。(←余計わかりにくい例えですよね。笑)


 ◆ 簡単に言うと、神経細胞内では電気的信号として刺激が送られ、キャッチボールの距離(シナプス間隙)の所は、神経伝達物質という化学物質を介して伝わります。そして次の神経細胞に電気的信号として伝達していきます。


 ◆ 「抗うつ剤」は、このシナプスにあるセロトニンをターゲットにしています。 

 

このコラムに類似したコラム

【認知行動療法のつなぎ目】5/13 タイトルを変えました 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2013/05/14 00:13)

睡眠専門家の < ストレス・不眠解消のためのひとこと > 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/10/04 02:00)

睡眠専門家の睡眠知識講座 「もの忘れ」と「認知症」の区別? 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/05/09 14:00)

睡眠専門家の睡眠知識 GW特別連載 睡眠と夢 7 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/05/05 14:04)

睡眠専門家の睡眠知識講座  睡眠学習の誤解 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/04/10 11:00)