空室対策 part-6 不動産業者の選択 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

大川 克彦
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

空室対策 part-6 不動産業者の選択

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
アパマン経営の寺子屋 空室対策

不動産業者の選択について



賃貸業とは結局、確率論です。
アバウトなデーターですが、新築の成約率は25%〜30%、中古の成約率に限って言えば15%〜20%程度なのです・・・

すでにおわかりかと思いますが、いかにして不動産業者にたくさんのお客様を紹介してもらうか・・・
これを基準に不動産業者を選択します。
 
不動産業者に依頼すれば入居者は決まる…
このように思っている大家さんが多いのですが、これは大きな間違いです…
 
募集広告が入居希望者の目に触れなければ、入居者は決まりません…
あなたさまの物件が、いかにお客さまの目にとまるかが、入居率を大きく左右します!
 
募集を依頼する時には、どのようにして物件がお客さまの目に止まるかという観点で、募集活動をする業者を選ぶのがポイントです。
 
 

『大手業者だからお客さまがいっぱいいて安心』の幻想


 
確かに、大手業者の集客力は魅力的です。
しかし、多くの大家さんが陥るワナなのです。
 
続きは、part-7 で・・・
 
 

★アパマン経営の寺子屋のMission
大家さんの不動産を資産として稼動させ、死産にすることなく収益を生み続けるよう、有効活用し戦略的なアドバイスを行い、賃貸住宅の活性化を目指します。