「フラット35」の金利、またダウン!? - 住宅取得資金相談 - 専門家プロファイル

大石 泉
イッツアFPオフィス 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「フラット35」の金利、またダウン!?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 住宅取得資金相談
破綻しない!?住宅ローン計画

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの大石泉です。

住宅購入のご相談では、「変動金利か、固定金利か」との住宅ローンに

関するご相談がとても多くあります。確かに悩ましい選択です。

変動金利の魅力は、なんといっても「金利の低さ」。

ところが、固定金利の代表選手である「フラット35」の金利がまたダウン。

となると、「変動か固定か」という選択肢がますます悩ましくなりそう?

いえいえ、もしかしたら、悩みが少なくなるのかもしれません。

5月に2.07%(返済期間21年以上)だったのが、6月は2.01%に!?

これは、「フラット35」が誕生してから、最低の金利水準です。

しかも、「フラット35」Sの優遇を受けると、さらにダウン。

変動金利が優遇を受けると、1%を切る、という事実も衝撃的ですが、

固定金利がこの水準であることも、この業界(?)に長くいる私としては、

信じられません。この金利水準で購入できる皆様がうらやましいです。

「何が何でも固定金利がいい」という主張はしませんが、多額の住宅ローンを

長期間で借入れるならば、固定金利にして、金利や返済額の変動リスクを

減らすことは、とてもまっとうな選択だと思ってます。

変動金利か固定金利か、自分の数字で試算してみてくださいね。

 

※関連コラム:オールアバウト/「フラット35」の金利またダウン!?

http://allabout.co.jp/gm/gc/394563/

このコラムに類似したコラム

10/4開催≪アドキャストpresents*失敗しない住宅購入術≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/09/07 11:10)

「住宅ローン」を借りる前に 覚えておいてほしいこと。 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2013/06/15 12:00)

不動産屋さんを本当に信じても大丈夫ですか? 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/11/09 13:42)

フラット35の金利下がる 2カ月連続 山本 光浩 - 宅地建物取引主任者(2012/11/08 13:07)

住宅ローンと保険のマネーセミナーを日本橋で開催! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/11/05 12:00)