会社員:もらえる年金の摩訶不思議 その2 - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社員:もらえる年金の摩訶不思議 その2

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続
アンダー40の為の年金講座
今まで自営業だった人が、40歳で企業に再就職。今後20年間のサラリーマン生活で年金はどうなるのか、を試算してみます。

計算を単純にするために、かなり乱暴ですが、現状の保険料等を使います。ご了承下さい。

今まで20年間に支払った国民年金保険料は13860円x12ヶ月x20年=約333万円です。

会社員としての働く60歳までの平均給与を40万円とします。毎月天引きされる保険料は、40万円x14.288%/2x12ヶ月x20年=約686万円です。



20年間の会社員生活でもらえる年金は、40万円x5.769/1000x20年x12ヶ月=年間約55万円アップします。


Aさんの40年間の保険料負担 333万円+6868万円=1019万円
65歳から85歳(寿命だとして)20年間にもらえる年金は、国民年金から給付される老齢基礎年金が約80万円+老齢厚生年金が55万円、あわせて年間135万円x20年間=2700万円

大まかにいって、会社員になれば勤続1年につき給与10万円あたり7000円弱年金が国民年金に上乗せされることになります。