土間のスペースを広く使う(片持ち構造の階段) - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土間のスペースを広く使う(片持ち構造の階段)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
デザイン・設計の事例

加藤幸彦(エス)です。


引き続き、ハウス・ハックルベリーフィンの土間スペースのお話(その2)です。


この土間は、趣味のスペース、こじんまりとした第2のリビング..という「居場所」としてデザインされていますが、基本はやはり、「動線機能」としての役割。


玄関ドアを開けると、土間から2階に上がる階段があらわれます。

この階段は、土間スペースを広く見せつつ、実際に階段下が有効に利用できるよう、側壁からの「片持ち構造」で作っています。

使った素材は「LVL」という構造用の木製合板。ここでは、カラマツ材のLVLを採用しました。


(その3に続きます..)


**************************************

→作品ページ「ハウス・ハックルベリーフィン」

http://open-g.net/press/archives/1190


***************************************

エスのWEBSITE(official)

→http://www.sp-n.gr.jp/



エスの作品事例のページ

→http://www.sp-n.gr.jp/saku/saku_index.html


***************************************

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「デザイン・設計の事例」のコラム

このコラムに類似したコラム

玄関の式台、ベンチ、手摺、収納、カウンター・・・ 遠藤 浩 - 建築家(2011/03/06 23:59)

中庭が見える玄関 栗原 守 - 建築家(2017/02/22 10:07)

木の家の木製玄関扉の補修 栗原 守 - 建築家(2017/02/21 09:10)

基礎立上り型枠組 松永 隆文 - 建築家(2016/12/21 14:53)

基礎の配筋検査 松永 隆文 - 建築家(2016/12/16 16:14)