塩谷瞬さんとクリントン元大統領不倫事件 - 恋愛全般 - 専門家プロファイル

石川 裕理
石川裕理心理相談室 室長
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

塩谷瞬さんとクリントン元大統領不倫事件

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛全般

塩谷瞬さん謝罪会見を、学術的に分析?!

オールアバウト・プロファイルのコラムにふさわしいタイトルかわかりませんが...(笑)

 

先日、オールアバウト経由で、某テレビ局の方が「塩谷瞬さんの謝罪会見映像を見て、表情分析ができるセラピストを探しています」とお問い合わせがありました。

「本心から謝罪しているか、演技か」を、目線の方向などから見抜いてくれ、というお話で、あくまでも「学術的に分析して」ほしいということでした。

目線の方向から、脳のどの部分を使って思考しているか、ということについては、ある程度学術的にわかっています。

NLP(神経言語プログラミング)という分野で、「アイ・パターン」理論(タッド・ジェームス博士)を理解すれば、

相手が左脳を主に使って話し(理性的・論理的・作り話など)をしているのか、右脳を主に使って(過去のこと・感情的・情緒的に)話しているのかを、見抜けるのです。

ちなみにこれは、左利きか右利きかによって、変わってくるのですが。

 

そんなわけで、この知識を用いれば、テレビ局さんのご要望にお応えできるかな…とも思いましたが、

一方で、私の内面で「私がもし、塩谷瞬さんのスキャンダルに口を出すとするなら、言いたいことはそんなことじゃないなあ」

という思いがよぎり、言葉を濁して、「学術的に説明というのは、、、無理かもしれません」と言ってしまいました。

この一件がきっかけとなり、塩谷瞬さんのスキャンダルについて、考えてみました。

 

まず、youtubeで、塩谷瞬さんの謝罪会見映像を見てみました。

上記の「アイ・パターン」理論から考察しますと、塩谷さんは、車を降りて、集まっている記者たちを見ると、

視線を画面右下(本人の左下)に落とします。その後、会見開始直後にも、一瞬ですが同じように視線が

画面右下(本人の左下)に移動します。その後は、視線は下に向いたまま一切動かず、泣きながら頭を深く下げ、

退場しています。

この視線の動きだけから分析しますと、塩谷さんは(彼が右利きであるという前提で)、自分の内面で深く対話をし、

謝罪をしているということがわかります。

言い方を変えれば、狡猾に計算をして、演技で謝罪したわけではないと言えるわけです。

ところが、です。

つい最近、またしても週刊誌に別の女性と「塩谷瞬さん路上キス」のような記事が出てしまったそうです。

記事の趣旨としては、「塩谷瞬はまったく反省なんてしていない!」ということだったと思います。

これは、どう考えればよいのでしょう。

 

クリントン元大統領の謝罪会見

この一連のスキャンダルから、私が連想したのは、90年代の米国元大統領、ビル・クリントン氏の

「不倫事件」です。モニカ・ルインスキーさんという秘書と、「不適切な関係」を持った、というスキャンダルでした。

ご記憶の方も多いでしょう。

私が注目したのは、ビル・クリントン元大統領の謝罪会見での発言です。

完全な内容は覚えていませんが、主旨は以下のようなものでした。

 

「実は私は、アダルト・チルドレンです。母親と祖母という、

ふたりの女性の愛情の板挟みになり、双方のご機嫌をうかがいながら育ちました。そうした過去により、

ふたりの女性の板挟みになるという、パターンが身についてしまったようです。」

という内容でした。

大統領が、「アダルト・チルドレン」という言葉で自身を表現したことが、当時、私には新鮮でした。

日本では、首相クラスの人間が用いるほどには、「アダルト・チルドレン(AC)」という言葉が一般に

定着していると思えないからです。

 

「アダルト・チルドレン(AC)」とは、正確には「アダルト・チルドレン・オブ・ディスファンクションド・ファミリー

(機能不全な家族の中で育った、子どもの心性を持つ大人・ACOF)」という意味で、

アメリカのケースワーカーたちや当事者によって、自然発生的に作られた言葉です。精神医学の診断名ではありません。

もともとは、「アダルト・チルドレン・オブ・アルコホリック・ファミリー(ACOA・アルコール依存症者のいる家族で育った人)」

と言いました。

それが後に、アルコール依存症だけでなく、家族として健全な機能をはたしていない「機能不全家族」

で育ったと自覚する人すべてが、使用するようになった言葉が、広義の「アダルト・チルドレン(AC)」なのです。

 

AA(アルコホリック・アノニマス)を筆頭とした、依存症の自助グループ活動が盛んなアメリカでは、

「アダルト・チルドレン(AC)」という言葉が、大統領が用いるほどに定着しているといえます。

 

アダルト・チルドレン(AC)と、依存症

AC(アダルト・チルドレン)と各種の依存症には、密接な関係があります。

ACは各種の依存症になりやすいのです。

どうしてそう言えるかといいますと、ACは「機能不全家族」で育っていますから、クリントン元大統領が表現した

ように、「適切な人間関係」を築くのが下手、という傾向があるからです。

他人と、親密で適切な関係を築くのは、彼らにとって馴染みのない大変な作業ですから、

人間よりももっと関係を築くのが簡単なもの、例えばお酒、ギャンブル、、食べ物、買い物などと「親密で

不適切な関係」を築くようになります。そうした結果が依存症ということになります。

 

人間関係の依存症もあります。クリントン元大統領もそうでした。恋愛依存、セックス依存などがあります。

依存症には、「不適切な行為(大量飲酒や過食など)」をしてしまった後に、本気で後悔し、

自分を責める、という特徴があります。

しかし、どれほど後悔し、二度としないと誓っても、依存症者はまたくり返し「不適切な行為」をしてしまうのです。

これが、はた目には「ぜんぜん反省してないじゃないか」と見えてしまうのです。

 

依存症の治し方

さて、塩谷瞬さんのスキャンダルに話を戻しましょう。

上記のようなACについての知識をもって考えますと、塩谷瞬さんは、「恋愛依存症」ではないかな?と

推測されます。

不適切な二重関係などを持ち、強く反省・後悔するのだけれども、自分で望んでいないとしても、

同じような関係を繰り返してしまい、周囲から「反省している様子がない」と見られてバッシングされてしまう・・・。

そのことでまた、本人は傷つき、さらに「依存症」状態から抜けられなくなる・・・。

 

そうした依存症の悪循環から脱却するためには、「底つき体験」が必要になります。

当人が「このままでは、本当に自分がダメになる。依存症を治す魔法の薬なんか無い。自分を救えるのは、自分だけだ」

と心の底から感じ、「自分をこれ以上傷つけないために」、行動を開始する、しか道はありません。

 

また一方で、矛盾することを言うようですが、治るためには「自分は依存症なんだなあー。変える努力をしてきたけど、

自力ではもう、変えられないみたいだ。治らないなら、いっそ開き直って、後悔や反省をするのをやめよう。

依存症のまま生きてもいいじゃないか」と開き直る精神があってもいいのです。

 

不思議に思われるかもしれませんが、「開き直り」は依存症からの回復につながるのです。

自分を責め、後悔することが、一番、自分のためにならないことです。

 

塩谷瞬さんが「恋愛依存症」かどうかは、ご本人に会ったことがないので、確信的なことは言えません。

すべては、メディアの情報から、推測したことにすぎませんので、ご了承ください。

 

日本も米国のように、自助グループがあちこちにたくさん出来るようになると、良いと思います。

「恋愛依存症」なんて、医師は治してくれませんから・・・。

 

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

「自分の色を出す」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/08/22 11:46)

まずは、笑顔を向けることから始めよう2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/02/01 14:00)

彼の気持ちが分かりません、という人へ 4 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/12/16 21:00)

自我の発達と、精神的成長1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/10/26 14:00)

人間関係の悩みを解決するには・・・ ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2012/07/25 15:59)