「集客」に色という科学的アプローチを取り入れて。 - 販促・プロモーション全般 - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「集客」に色という科学的アプローチを取り入れて。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション全般
女性客、高齢者が来店しやすいお店づくり

私のこのプロファイルのページに

「色彩の心理的効果で集客をあげる」

とコピーが掲げられています。語れば長いですが、理解されるまで遠い日々、長い時間がかかったものです。風水やっている・・・と思われているし、「色を塗って人が集まるんでしょ?何色塗るん?」

みたいなことが多かった・・・

日本人の感覚や土壌にあっていないから、やめようと思ったことは多々あります。「色なんぞ、ビジネスになるか。馬鹿げたことだ。」と家族に言われ続けてきましたよ。

ところが、今や以前とは違ってきましたね。みなさんいろんなところで情報を得る機会も増え、色彩心理という「科学的アプローチ」のあるなしで、ビジネスは大きく変わると理解されてきましたね。

「科学的アプローチ」を取り入れると、どうなるかというと80%の力でしていたものが100%になったり120%になるということです。ものすごい効果があるため、企業も真剣に取り組まれているところもあるでしょう。

それはなぜかというと、人の心理、お客さまの心理にそって考えるからこそ、効果がでるわけです。

例えば、先日、「ご飯を食べに行こう」ということで友人が以前行ったお店の名前を出してきたのですが、

覚えているのは、「生ワインを自分たちで持ち込んだ」というワインのイメージしかなく・・・・

和食レストランかと思ってましたが、実は「中華料理」で驚かされました。

料理のインパクトが薄く・・・。店内の内装も和風っぽい印象しかなかったような気がします。

照明が薄暗く、ゆっくり話せる大人の空間っぽい感じはイメージにありますが・・・

これは、「科学的アプローチ」があまり考えられていないわけなんです。「科学的アプローチ」が取り入れられていたら、このお店=お店の空間のイメージ色、名物料理の皿と色、というのが私たちの頭に記憶されていて、リピーター、そして集客、売上げともに変わってくるでしょう。

漫然とお店で物を売っている、料理を出している・・・というのではなく、顧客の心理、色彩心理という「科学的アプローチ」に注意を払ってみてください。俄然、変わってきますよ。



このコラムに類似したコラム

ピンク色はどこまでビジネスに通用するのか? うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/16 19:52)

追求すること、闘い方を変えること うえた さより - マーケティングプランナー(2012/08/07 10:05)

店、会社、自分にあうかどうかも色で判断していることが多い うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/19 13:09)

100円!マクドナルドから学ぶ「集客」 うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/07 17:06)

満員御礼!京都セミナー:色を見た女性の心理や行動に注意して うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/05 09:05)