人材紹介会社とのお付き合い - 採用戦略 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材採用

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人材紹介会社とのお付き合い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材採用
  3. 採用戦略
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 お勧めの取り組み

  ある会社でしていた採用活動に関する話の中で、社長さんが「人材紹介会社にも頼んでいるんだけど、なかなか紹介してもらえないんだよね」とおっしゃっていました。

  特に中小企業にとって、人材紹介会社を利用するのは結構高価な投資という捉え方になるので、かなりの決断を要してのことだと思いますが、実際の紹介が思いのほか少なくて、拍子抜けと失望とあきらめが交錯しているようなニュアンスのお話でした。


  私も企業で採用活動をしていた頃、同じように思っていたことがあります。会社に知名度がある訳でもなく、給料が高い訳じゃないし、仕事だってそんなに特徴がある訳でも画期的に面白そうでもないし・・・などと考えていました。外部環境のせいにして「まぁ仕方ない」と思っていた訳ですが、ちょっとしたきっかけで考え方を変えたら、ずいぶん状況が変わっていった経験があります。


  考え方を変えたといっても、ごく当たり前の単純な事で、「どうしたら自分たちの会社に応募者を紹介しようと思ってもらえるか」を考え始めたということです。


  人材紹介会社との契約は、多くの場合は成功報酬で“想定年収の○%”というものですから、先方からすれば「給料の高い会社に多くの人が決められる」ことが最も良いはずですが、こちらとすれば知名度も給料も事業内容も、そう簡単に変えられるものではありません。


  ・・・で何を考えたかというと、人材紹介会社にとってもう一方のお客様である、“転職希望者にしっかりと対応する”ということです。人材紹介会社は転職希望者と企業のマッチングをする立場で、お金をもらうのは企業からですが、一方で転職希望者のニーズを満たすこともとても重視しています。自分たちも、この人材紹介会社の立場を考えようということです。


  取り組んだことの一部は、以下のようなことです。

・紹介された方には、よほどずれていない限りはできるだけお会いする。

→ 会わずに断る書類選考NGは、紹介した側にとって好ましいはずがない。

・接する態度、会社説明、その他の情報提供など、できる限りの誠意を持って行う。

→ 「良い会社を紹介してくれた」と思ってもらえれば、紹介会社にとってもプラス評価になる。

・選考結果は早めに通知し、詳細なフィードバックをつける

→ 紹介会社が転職希望者に対して説明がしやすいように結果を伝える。自社と紹介会社の認識合わせにも役立つし、合格であれば応募者のモチベーションアップに、不合格であれば今後に活かす材料にできる。(不合格理由の説明があいまいでは、転職希望者が紹介会社に不信感を持って当たり前)


  取り組みは他にもありましたが、要は紹介会社の顔をつぶさず、「あの会社は応募者の評判が良い」と思ってもらおうということです。 結果として、紹介会社との信頼関係ができ、スペックに合わない紹介は減って選考の効率は上がり、紹介数も増えていきました。

  ちょっとくだけた例ですが、合コンに自分の友達を連れて行って、そいつが相手から不評だったら、たぶん次は誘わないですよね。逆に評判が良い人は次も誘おうと思うでしょうし、自分の評判が良ければ、次も誰かに誘ってもらえるでしょう。そんなことと同じ気がします。


  人を介して他人を紹介してもらうことは、仕事上では多くの場面があると思います。通常の人付き合いならば、相手の立場を気にして行動するはずなのに、人材紹介のようなビジネスの形になったとたん、「こっちは客なのに紹介してこない!」となってしまいます。これではWin-Winの関係にはなりづらいでしょう。

  たとえビジネス上の取引としての関係であっても、人付き合いの原点に戻って接し方を考えれば、より多くの良い出会いやチャンスがもらえるようになるのではないかと思います。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 採用活動の「困った」「迷った」を一緒に解決するメール相談

業者頼みなんて事が意外に多い採用活動の相談。皆さんと同じ企業人事の目線でアドバイスします。

料金
無料

採用活動というのは、他社と比較する機会が意外に持ちづらく、自らの経験と創意工夫で進めていることが多いものです。今までのやり方に固執していたり、業者頼みの情報で踊らされていたりということもありがちです。企業人事を熟知した立場で採用活動の「困った」「迷った」「悩んでいる」を一緒に考え、アドバイスします。

採用活動の「困った」「迷った」を一緒に解決するメール相談

このコラムに類似したコラム

人材ビジネス業界ニュース(SAPマンスリー) 石野 琢也 - 経営コンサルタント(2016/06/15 11:45)

求人広告をだす時期 6 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/05/30 19:00)

求人広告は金をかければかけるほどいいのか3 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/05/16 19:00)

求人広告で いい人とるために 「広告内容の工夫」13 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/05/10 19:00)

求人広告で いい人とるために 「広告内容の工夫」12 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/05/09 19:00)