相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める

- good

恋愛セラピストのあづまです。

人を動かすのが上手な人と、下手な人の大きな違いのひとつとして、

「相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める」
ことができるか、できないか、があると思います。


これは要するに、人間を深く理解しているかどうか、ということです。

自分の感じたことを検証なしにぶつけてしまうのではなく、相手がどう感じているのか、それもよくよく考えた上で、相手に伝えるということです。


とくにこれは、相手が問題意識を持っていないことについて、こちらが問題意識を持っているようなときに有効です。

たとえば、仕事ばかりで家のことを顧みてくれない旦那さんに、家のことを考えてほしい、ときには手伝ってほしいこともあるということを伝えたけれど、仕事の責任がどうのこうのという理由を言われて、受け入れてもらえなかった(自分は専業主婦)。

そういう状況を想定してみます。

この旦那さんは、仕事面での危機意識が強くて、仕事を手抜きしたら自分が干されるとか、あるいは仕事に没頭するのは当然とか、考えているのです(という設定です)。

だとすると、いきなり「仕事ばかりしていないで、家のこともやって!」という苦情を言っても、
妻:「夫に家のことをやってほしい」
夫:「仕事上で『もっと頑張らなければ』という危機意識があるのに、妻に邪魔された」
という対立関係になってしまいます。


お互いが自分の問題意識だけを主張し合っていても、絶対に解決はありません。
そして、相手が歩み寄ってくれるのを待っていても、いつになるか分かりません。

だから、自分から動くことが大事です。

まず、二人が共通に「そうだね」と言える土台から話を始めます。

これを探るのは、自分都合でものを考えがちな人には、始めは難しいかもしれません。
しかしそこは、トレーニングあるのみ、です。


上の例で言えば、夫婦共に、生活を良くすることに意識が向いています。
但し夫の方は、最重要課題が仕事の安定だと考えています。
妻の方は、家の中のことに、意識が向いています。

まずは、相手が「そうだね」と言える部分から話を始めます。

「私たち、結婚して3年間、一緒に頑張ってきたよね。 (←問題点ではないが、共通の土台)
一緒に、生活を良くしようとしてるよね。 (←問題点に少し関連した、共通の土台)

それでね。ちょっと困っていることがあるんだけど…」

という流れで、家のことでやって欲しい点について話せばよいのです。


今度は、話のロジック(論理)が、
妻:「目的は、生活を良くすること。 手段として、夫に家のことをやってほしい」
夫:「目的は、生活を良くすること。 手段として、仕事の安定が最重要」
と、なっています。

だから、きっとこのあと、夫からの反論があるはずですが、その反論も、
「生活を良くしたいということは分かってる。
でも、今一番重要なのは、仕事がいつ無くなるか分からない状況を、安定させることだと思う。」

という、論理的で建設的なものになっているはずです。


考え方の違いは、一回の話し合いで埋まるものではないですし、結論はすぐには出ないかもしれないけれど、少なくとも話し合いを二回三回と継続することは出来ます。

いきなり対立関係になってしまったら、話し合い自体にうんざりしてしまいます。


相手が「確かにそうだね」と言える、共通の土台から話を始める。
地味で地道な取り組みですが、長い目で見ると本当に大事なのです。

「人を動かす秘訣について:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

出来事に、堂々と対応できる自分になろう 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/09/28 14:00)

許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。3 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/08/24 14:00)

反省とは、自分の力を信じること。 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/06/10 21:00)

親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/05/06 21:00)

浮気相手と別れて終わりではない、と心得るべき。 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/04/01 21:00)