何で選ばれたかを知る - 地域活性化・町おこし - 専門家プロファイル

株式会社井門観光研究所 代表取締役
東京都
マーケティングプランナー
03-3265-7255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
江川 晴子
(イベントプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何で選ばれたかを知る

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域活性化・町おこし

好調な旅館を見ていると、ある共通の取組みを行なっていることがわかります。それは、「何に動機づけられ、当地・当館が選ばれているか」を社員全員が把握できていることです。

「どの販路を経由して予約されたか」ではありません。「何をきっかけにして選んでいただいたか」をお客様にきちんと訊いているのです。予約時に訊くのは難しいでししょうから、宿泊時にさりげなく尋ねている場合が多いようですね。

そのなかで、やはり「既存宿泊客の紹介」というケースが多いようです。次いで「雑誌や新聞記事等マスメディアでの紹介」でしょうか。すると、自ずとやるべきことがわかってきます。

その点、何店舗も旅館を持つ企業の旅館は、きちんと把握しています。

既存宿泊客が何に満足して、クチコミで広げるか(人と違う、いつもと違う体験に満足すること)をわかっているので、その点しっかりと集中対応しています。ドリンクフリーであったり、プチ体験ツアーであったり。それも、事前には売りとせず、現地で案内していること等々。泊まってみなくてはわからないことばかりです。

裏を返せば、これができていない旅館は、一見客の営業策・価格対応に汲々として、間際の安売りばかりに走らざるを得ないのでしょう。

他にも、雑誌や新聞の取材を申し込んだ時、旅館によって大きく(めちゃくちゃ)対応が違うことに、時として驚かされます。すぐに快諾してくれる旅館と、(その多くは広告営業と勘違いして)「(お金がかかりそうだから)結構です」という旅館。例えば「○○画報です」と言っても、いや、「日本経済新聞です」でもです。試しに、自社の担当者に確認してみてください。その効果以前に、雑誌・新聞名を知らないのかと思います。マスコミでも、取材なのか、広告なのか、わかりにくくなっているせいもあるでしょう。

でも、疑う前に、まずは「機会損失」を減らすことが大切です。日本経済新聞は全国紙だと教えてあげて下さい。

その前に、理解を進めるうえでは「何がきっかけになって選ばれているか」を知ることが、その第一歩です。

(トラベルニュース5月25日号「井門隆夫のCS宣言」)

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マーケティングプランナー)
株式会社井門観光研究所 代表取締役

旅館業を知りつくした「観光地再生」の仕掛け人

20年の旅行業経験や10年にわたる旅館事業再生の現場を通して得た独自の知見とノウハウを持つ「旅館アナリスト」。「旅館業と地域との連携」や「インバウンド受入推進」等を通じて、新しい時代に対応した「地域の仕組みづくり」の実践を支援しています。

03-3265-7255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

2020年「地旅」が花開く 井門 隆夫 - マーケティングプランナー(2014/02/16 23:24)

★3/25 日本初! 「授乳パレード」開催 岡星 竜美 - 経営コンサルタント(2012/03/25 08:05)

★2011.2月 シルク・ドゥ・ソレイユ「KOOZA」開幕 岡星 竜美 - 経営コンサルタント(2010/09/03 06:00)