居心地がよくて定着率が高い病院の弊害? - 転職・就職全般 - 専門家プロファイル

藤原 純衛
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

居心地がよくて定着率が高い病院の弊害?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職・就職全般


転職先を紹介すると「この会社の定着率は?」と聞かれることが多いのですが、先日お話しした方の「居心地がよくて定着率が高い会社の弊害」のお話

この方の職場は、30人ぐらいの外資系。

狭い範囲ではトップシェアなので業績も安定して、給与水準も高い。
社内の人間関係もよく、家庭の事情以外で退職する人がほとんどいないんだそう。

「そんな会社からなぜ転職したいんですか?」

と聞くと

顧客も限られているので売り上げも大きな変動がない。
なので入社した5年前と顔ぶれがほとんど同じだし仕事内容も同じ。

「上司がいなくならないから昇進・昇格もない」

「このまま、3年いても5年いても同じ仕事・同じポジションが目に見えている。
年齢的には管理職経験を問われるころなのに」

 と、このまま安穏としている自分に危機感を感じているのだそう。

聞いてみると「なるほど」ですけどねぇ。
この方にとって何が一番大事なのかということなんでしょうけど。

ちなみに社外の友人にも相談するんだけど、ほとんどの人に「うらやましい」「もったいない」と転職には反対されるんだそうです。

「居心地がよくて定着率が高い病院」を、みなさんにお勧めしたいと思うのですが、そういう病院にも何か”弊害”があるんでしょうか?

 

このコラムに類似したコラム

看護師の転職理由:仕事に面白みがない、発展性がない 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/08/16 08:00)

転職を決意する理由 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/03/02 19:00)

看護師の面接、合否は最初の5分で決まってしまう 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/09/01 15:00)

看護師専門人材紹介会社は活用しないと損 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/08/11 10:52)

転職先の病院選びのチェックポイント 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/08/09 07:00)