ダイエットには、『やせホルモン』を活用しよう - 美容・アンチエイジング - 専門家プロファイル

田中 和恵
Green Forest アロマテラピー&カイロプラクティック 代表
埼玉県
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
田中 和恵
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエットには、『やせホルモン』を活用しよう

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 美容・アンチエイジング
美容/エイジング/ダイエット

夏に向けて、そろそろダイエットを始めようと思われている方も多いのではないでしょうか?

そこで、女性の皆さん、『やせホルモン』をご存知でしょうか?

今年は、『やせホルモン』を利用して効果的なダイエットをしてみてください。

 

女性の生理周期をつかさどっているのは、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンです。

このホルモンの分泌時期によってダイエットがしやすい時期とダイエットが成功しにくい時期に分かれます。

 

◆エストロゲン(卵胞ホルモン)
排卵に関わるホルモン。
女性らしい体つきを作り、肌の弾力や潤いとも関与するホルモンです。
エストロゲンの分泌が増える時期は、代謝もアップし精神的にも安定していることからダイエットしやい時です。

また、エストロゲンには、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ大切な働きもあります。
更年期をむかえ骨粗しょう症になりやすくなるのは、エストロゲンの分泌量が低下するためです。

 

◆プロゲステロン(黄体ホルモン)
生理に関わるホルモン。
プロゲステロンの分泌が盛んな時は、女性の体は妊娠に近い状態になることから、水分エネルギーともに体内に溜め込みやすく、むくみや便秘などになりやすい時です。
精神的にも不安定で、イライラしやすくなることからダイエットにはむきません。

この一方で、プロゲステロンには、血糖値を正常に整え体脂肪を減らす働きもあります。

 

ダイエットしやすい時期は、エストロゲンが分泌されている時期ですので、やせホルモンは『エストロゲン』です。

このエストロゲンが分泌されているタイミングを上手に利用すると、無理をしなくてもダイエットが成功しやすくなります。

 

エストロゲンの分泌時期については、次のコラムでご紹介します。

つづく・・・

 

このコラムに類似したコラム

7割は見た目 木村 和夫 - 鍼灸師(2012/11/04 20:29)

ダイエットのタイミング 田中 和恵 - カイロプラクター(2012/05/27 14:00)

タイプ別おすすめ入浴法 関村 順一 - 鍼灸マッサージ師(2012/01/07 00:28)

身体に『居着き』はいけません! みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/07/01 10:00)

無理は良くない!自分があわせるのではなく、あわせて貰いましょう! みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/05/18 10:00)