ニッチ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「ニッチ」とは日本語で直訳すると「すきま」という意味です。
通常、壁を作るには、柱の両面に石膏ボードを張り、壁を構成していきます。
その為、柱の厚さ分、壁の中に空洞が出来てしまいます。
外壁まわりは、その空洞に、断熱材を入れたりしますが、部屋間の間仕切り壁は空洞のままです。
その空洞を利用して、壁に凹みを作り、照明を組み込んで、ちょっとした飾り棚を作ることをニッチと言います。

私どもは、よく階段の途中や踊り場に、ニッチを計画します。
階段の照明計画は非常に難しく、天井に付けると、電球交換が天井が高すぎて出来ない。
壁にブラケットタイプの照明を付けると、上り下り時に邪魔になる。

ニッチは凹んでいる為、邪魔にもならず、電球交換も容易で、ちょっとした階段の演出効果もあり、よく提案させて頂いています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「提案」のコラム

小粋なベントキャップ(2015/05/15 18:05)

ライティングレールの効果(2014/07/07 17:07)

LGSで下地組み(2014/06/25 08:06)

新しいプロジェクトです(2014/06/04 09:06)