祖父母からの住宅資金の贈与 - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

前野 稔
MC PLUS 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

祖父母からの住宅資金の贈与

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

平成26年までの3年間については、住宅取得のための
贈与については特例措置が認められています。

通常、贈与税については、基礎控除が110万円となっており、
1年間でそれ以上の贈与を受けた場合には、贈与を受けた人は
贈与税を払わなければなりません。

しかし、住宅を取得する目的の贈与については、
・贈与者(贈与する人)が、親又は祖父母からの贈与であること
・受贈者(贈与を受ける人)が、所得2000万円以下の20歳以上の人
等の条件を満たしていれば、

今年中の贈与であれば、省エネ等住宅で最大1610万円まで、
無税となります。

住宅資金の相談者の中には、この特例を使って
住宅購入時に資金援助で贈与を受ける傾向が高くなっています。

この特例のポイントは、両親だけでなく、
おじいさん、おばあさんからもオッケーであることです。

ただし、確定申告しないと、住宅取得のための贈与とみなされずに
贈与税がかかる可能性がありますので、かならず税務署に
申告はするようにしてくださいね。

 

このコラムに類似したコラム

住宅資金贈与は「贈与時期」と「建築時期」に要注意 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/08 11:00)

住宅関連|贈与税の非課税枠は? 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/31 15:17)

住宅資金贈与非課税特例の適用者(平成21年実績) 佐藤 昭一 - 税理士(2010/07/02 17:35)

住宅資金(11)親のスネをかじる(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/28 09:17)