情報提供を行った後の感慨を含めて。感じたままをそのままに。 - ブランドネーミング - 専門家プロファイル

さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者
大阪府
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ブランド戦略・ネーミング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

情報提供を行った後の感慨を含めて。感じたままをそのままに。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ブランド戦略・ネーミング
  3. ブランドネーミング
経営 経営理念

 

昨日、一斉に、

ウェブサイト内にあるコラムやブログにおいて、

離婚、相続手続き、家計の見直しについて、

役立つヒントにしていただくための情報提供を行いました。

 

離婚につきましては、

離婚問題についてのご相談を承る者として、

客観的な状況把握が不可欠であることについて触れ、

囲碁や将棋で言われているところの大局観を、

持ち得る程度の状況を把握した後、全体像を俯瞰したうえで、

回答させていただいていることをお伝えする内容になりました。

 

相続手続きにつきましては、

実際にご相談を受けた事例におきまして、

気になったことについて書かせていただきました。

「生前贈与」についてのお話が中心でしたが、

相続対策と相続税対策を混同されているように思えましたので、

留意点などについて、コラムを執筆しました。

 

家計の見直し関連につきましては、

貯蓄ではなく投資商品について、

今少し、投資者としての自覚を持っていただくために、

投資する商品等の知識や情報を得ておくことの重要性と、

投資資金の源泉が何であるのかによって変わってくる、

投資スタンスに言及した内容のコラムを執筆しました。

 

情報提供させていただく内容は決まっていましたが、

どのような文章で、どのようなメッセージとして、

お伝えするのがいいのかについてや、

どのように伝わるのかなどを考慮していきながら、

執筆していくことになりますので、

1日の法定労働時間に匹敵するほどの時間を要しました。

 

お問い合わせへの対応事務もありましたので、

ランチタイムを取ることができませんでした。

事務作業に没頭していましたので、空腹感を覚えなかったのでしょう。

外出中にお昼を抜くことは、しばしば、あることですが、

オフィスに在席していて、お腹が空かなかったのですから、

かなりの切迫感を持って、集中していたのだと思います。

 

各担当業務に関連する情報提供を終えてから、

情報発信を含めた情報提供のあり方について、

検討する余地があるように感じられました。

 

さて。そんな時。

 

私たちが提供できているサービスを考えてみると、

各種にまたがっているように思われてしまい、

いったい、何の専門家なのかが伝え切れていない。

 

その伝え切れない思いを伝えるために、

新たなウェブサイトを作成することによって、

「ああ、そういうことだったのか。」と、

口にしてもらって納得していただく。

 

そのような必要性があると思い、

新たなウェブサイトを作成しようと考えました。

作成作業を進めていますが、うまく仕上げられない。

もどかしさを感じながら、情けなく思っています。

 

当初、この「All About プロファイル」では、

不動産コンサルタントとしてのコンテンツを充実させて、

言わば、不動産についてのコンサルティング業務を軸とした、

「All About プロファイル支店」との位置づけで、

運営していこうと考えていました。

 

出展している商品・サービスをご覧いただければ、

ご理解いただけるように思っています。

 

離婚の財産分与。

相続の遺産分割。

自宅の購入。

 

これらの事項においては、

協議や話し合いを進めていく際に、

不動産の取り扱い方に苦慮されることが、

少なくないケースがありますので、

そこに焦点を当てた相談サービスを行うこととしておりました。

 

その後、

「All About プロファイル」の仕様変更に合わせるように、

当初の方針を変更せざるを得なくなったこともあり、

あれこれと検討した結果、現在、表示している形式に至りました。

 

今後、新たな相談サービスや書面作成についての商品を、

出展することも視野に入れていきながら、

思い切った変更をしようと考えていますが、

それに要する作業は後回しにせざるを得ないのが実情です。

 

日々の業務を遂行していきながら、

依頼してくださる顧客の方々に対する業務に、

支障を来すことにならないよう、十分留意して、

同時並行的に進めていくことになります。

 

私は考えています。

 

私たちは零細企業であり、私はその経営者です。

USPとランチェスター戦略を重視すべき立場にあります。

 

私たちの強みである複眼的視点を活かしていきながら、

私たちのビジョンを訴求していくための方策として、

どのような動き方をしていけばいいのか。

 

このことを明確にしたうえで、

経済情勢や社会状況を注視して、

業務の取捨選択を行おうと思っています。

 

誤った思い込みや凝り固まった考えを排除して、

誤りを正して、凝りをほぐしていくことで、

謙虚な心持ちになっているかを確認しながら、

精一杯、取り組んでいくことにいたします。

 

最後に、新たなウェブサイトを作成して、

予定しておりました平成24年5月31日までに、

コンテンツを整理して取り揃えることがかなわず、

アップロードできない状況になりましたことは、

私自身も恥じると同時に、大変残念に思っております。

 

 
重ねて、お詫びさせていただきます。

 

 

申し訳ございません。

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

「さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所」

  代表者  松本 仁孝

 

 

 

 

 

<主要運営ウェブサイト>

 相続手続き相談室 

 相続手続き相談 大阪室

 家計の見直し相談室

 養育費等の離婚相談(男性向け)

 知的資産経営報告書 経営承継プラン作成

 知的資産経営報告書 作成依頼相談室

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 行政書士)
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

カテゴリ 「経営」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 「あと少し」 それがわかれば心の状態はスッキリするものです。

料金
2,858円

「あと少し」何かが足りない。あいまいな状態で時間だけが過ぎていく。だから、より一層、焦り感や不安感を増幅させてしまう。何が足らなくて、何が必要なのかを明確にすることによって、あなたの悩み事を解決させる糸口を探し当てていきます。マネーなのか。それとも、別の事象が遠因なのか。第三者の視点から、あなたの現況を把握して、あなたの「あと少し」を見つけ出していく。そのきっかけづくりをご提供いたします。

「あと少し」 それがわかれば心の状態はスッキリするものです。

このコラムに類似したコラム

空気を読む。 松本 仁孝 - 行政書士(2012/10/13 10:06)

簡単なブランディンについて 吉原 賢 - クリエイティブディレクター(2014/09/01 15:21)

中小企業の『ブランディングへの6つのヒント』その6!!! 南 卓志 - ブランドコンサルタント(2013/10/31 09:00)

堺市の太陽電池工場売却へ=首都圏の拠点も―シャープ 中村 光亮 - ブランドコンサルタント(2012/08/17 14:19)