新生命保険料控除 - 年末調整・還付請求 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新生命保険料控除

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 年末調整・還付請求
税金

平成22年の税制改正により、平成24年以後に契約(契約内容の変更を含む)した生命保険契約については、

生命保険料控除が引き下げられてしまいました。

 

平成23年以前に締結した契約であれば、

控除額は最大5万円(個人年金もある場合は10万円)でしたが、

1万円引き下げられて4万円です。

 

しかし、この改正では、控除額の引き下げの代わりに、

介護医療保険の保険料控除が創設され、

他の生命保険契約とは区別して控除額を計算する制度ができました。

 

これにより、生命保険料控除の区分は、

「一般の契約」個人年金契約」「介護医療契約」の3区分に増え、

控除される最大額は12万円(4万円×3)に増額されました。

 

したがって、契約内容によって控除額が増える場合もあります。

 

たとえば、A生命保険会社で、契約者(保険料負担者)・被保険者を本人とする定期保険に加入し、

年間の保険料15万円(うち2万円は入院特約保険料)を払っている場合。

 

この場合の控除額は、改正前だと5万円ですが、改正後は6万円(4万円+2万円)です。

 

介護保険や、がん保険、入院保険などに加入する場合には、このように控除額が増えますね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

このコラムに類似したコラム

医療費の範囲(2) 林 高宏 - 税理士(2013/02/26 15:49)

生命保険料控除の改正 林 高宏 - 税理士(2013/02/16 07:36)

新・税理士からのお知らせ 第5号  林 高宏 - 税理士(2012/11/08 20:05)

平成24年の年末調整 3つの注意点 大黒たかのり - 税理士(2012/10/09 20:08)