つらいけど、快感 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

藤島 淑子
株式会社インディプロス 代表取締役/コンサルタント
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

つらいけど、快感

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
等身大の私 コンサルタントとして...
評価者研修(考課者研修)を行いました。

評価者研修というのは、他のどんな企業研修よりもハードです。

ときにヒートアップして熱い議論になったり、あるいは、参加者から
「なぜそこまで・・・?」と思うような、批判や否定のコメントをいただいたり。



その理由は、「評価」という誰にとっても真剣で繊細な問題を扱うから。

そして、従来の制度ややり方を変えなくてはならない、という「変える」という
ことに対する抵抗感もあります。

(もちろん、講師との相性の問題もありますが。)


今日の研修は、中でも本当にハードでした。
今まで数え切れないほど経験してきた中でも、一番難しい状況だった
かもしれません。

もう泣いてしまおうか、と思うほど。



でも不思議なことに、そんな経験を何度しても、「もうこんな仕事は辞めよう」
と思うことはないんです。


何故だろう、、、と考えてみたのですが、

やっぱり研修は一つの手段であって、その先のゴールのためには、
どうしても避けて通れない道だから、というのもあると思います。



でも、もっと大きいのは、こういうハードなプロセスの中で、一人、また一人と、
何かに気づいたかのように表情が変わっていく、

その「気づきの瞬間」に出会えることが、何より私にとっては快感なんだと思います。


さらに、「そういうことだったら、ここを、もっとこうすればいいよね」と、
気づきを自分なりの工夫に変えてマネジメントに応用してくれる人までいると、
それまでの軋轢とか、大変さとか、傷ついたこととか、全て忘れて、
とっても清清しい気分になります。


だからこの仕事が辞められないんだな、と気づきました。



いろいろあると、ついついムキになったり、傷ついて落ち込んだりしてしまいます。

でも、私たちの役割は、そんな自分自身をちゃんとコントロールして、
「気づきの瞬間」をどれだけ創り出せるか、ということなんだな、と改めて思いました。


私もまだまだ未熟です。

日々勉強、頑張ります。