庭園と建築 借景 - ガーデンデザイン・造園工事 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:造園・ガーデニング

稲垣 史朗
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)
佐藤 紘子
(ガーデンデザイナー)
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

庭園と建築 借景

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 造園・ガーデニング
  3. ガーデンデザイン・造園工事
気にすること

庭園の外側の景色を庭園の内側の要素に取り入れることを借景と言いますが、京都の庭師が「生け捕り」と称するように、単に庭の外の景色が見えるだけでは借景とは言えず、生きたままの風景を取り込むデザイン的技量が必要です。

築地塀や刈込垣などを見切りに用いて必要な遠景のみを選び出し、中景の樹木の柱や枝葉によって遠景を生け捕ることとなります。その中景が前景と遠景を繋ぐことにより、狭い庭も奥行の広い庭へと変貌します。

写真は借景の庭として有名な円通寺庭園を撮影したものですが、ここではさらに、建物の柱と長押、広縁が借景した庭を切り取り、建築の内部に庭を取り込むと言ったいわば入れ子状態を見ることが出来ます。円通寺庭園は宅地開発により「借景」の対象自体が崩壊しつつあります。写真は2006年に撮影したものですが、近年訪れた際には生垣奥の様相がだいぶ変わっていて残念に思いました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「気にすること」のコラム

庭園と建築 額縁効果(2012/06/15 12:06)

庭園と建築(2012/05/21 10:05)