国民年金の付加年金は、日本で一番お得な年金です! - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国民年金の付加年金は、日本で一番お得な年金です!

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続
知らないと損するかも…のお話し

ファイナンシャルプランナーが天職!
BYSプランニングの釜口です。


国民年金の付加年金とは、付加保険料を国民年金の保険料に
上乗せして支払えば、老齢基礎年金に上乗せした年金が終身で
受取れるというものです。

付加年金は、国民年金のみを支払っている第1号被保険者が、
60歳までの期間に、「月々400円」納めれば、老齢基礎年金に終身で
「200円×付加年金保険料納付月数」分の年金額が上乗せされる
という、ありえないくらいお得な制度です。

具体的に見ていきましょう。
 例:付加年金保険料を40年間納めた場合
  (国民年金は20歳~60歳までの期間納めることができる)
  総支払保険料:400円×12カ月×40年=192,000円
  上乗せ年金額:200円×12カ月×40年=96,000円
  
老齢基礎年金が受給できるのは、65歳からですから、
67歳まで生きれば、支払った付加年金保険料はチャラになります。

65歳まで生きた方の平均余命は、男性で約19年、女性は約24年。
つまり、65歳まで生きた方は、平均的に男性で84歳、女性で89歳
まで生存するということになります。

では、84歳まで生存した場合と89歳まで生存した場合で
試算してみます。

〇84歳の場合
 付加保険料40年納付:200円×12カ月×40年=96,000円
 上乗せ年金総額は、96,000円×19年=1,824,000円
  
 1,824,000円÷192,000円=9.5
つまり支払った保険料の9.5倍の年金が受取れることになります。

〇89歳の場合
 付加保険料40年納付:200円×12カ月×40年=96,000円
 上乗せ年金総額は、96,000円×24年=2,304,000円
  
 2,304,000円÷192,000円=12
つまり支払った保険料の12倍の年金が受け取れることになります。

上記の9.5倍や12倍という倍率は、保険料払込期間の長短に
関わらず、同じ倍率となります。

しかも、付加年金保険料は全額社会保険料控除の対象ですから、
所得税と住民税の非課税枠が確保できますので、
節税対策にもなります。
  
ただし、注意しなければいけないのは、国民年金基金に加入して
いる人は、付加年金には加入できません。


ご質問やご不明な点がありましたら、
お気軽にご連絡下さい。
   メール:waku@bys-planning.com
     Tel:06-4305-4425

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「知らないと損するかも…のお話し」のコラム

このコラムに類似したコラム

国民年金保険料の後納制度 藤本 厚二 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/27 15:44)

国民年金の申請免除、実はかなりお得な制度です! 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/16 11:19)

年金型生命保険2重課税問題の所得税還付が始まります 近江 清秀 - 税理士(2010/09/05 12:40)

★「国民年金保険料」、払う人、払わない人★ 谷口 哲男 - ファイナンシャルプランナー(2010/08/13 15:14)

年金保険に二重課税還付は20万件! 近江 清秀 - 税理士(2010/08/08 16:18)