事業と相続の絡み - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業と相続の絡み

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務

前回からの続き、税理士選びのポイントについて。

相続税を頼むならそれ専門でやっている人に頼むべきだ、と

紹介をしました。


ただし、相続税の中には事業に絡むものもいくつかあります。

例えば商売に使っている土地や社長借入、それに自分の会社の株です。

こういうものは相続税において相続財産、つまり課税対象と認識されます。


ですので、私などは顧問先で相続案件が発生したら

・お付き合いしている相続税に詳しい税理士さんに連絡をする

・相続税の計算は基本的にその方にお任せする

・一部事業に関わるものについて、事業体側から協力できそうなものを提示する


こんな感じでやりとりをしています。

ここには事業面と生活面の関係性も絡んできます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

相続や私生活の事業に対する影響 高橋 昌也 - 税理士(2012/05/20 01:00)

どれだけ時間をかけてどの規定を適用するか 高橋 昌也 - 税理士(2012/05/18 01:00)

メールを過信しない 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/17 07:00)

あまりにも認知度が低い合同会社 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/07 07:00)

法人にすることで経営上のメリットがあるなら 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/05 07:00)