英語で何をしたいですか? - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

藤原 純衛
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語で何をしたいですか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート

Q&Aで「29歳の語学留学」にアドバイスを寄せてみました。


そこで、今日は以前、東京国際フォーラムで開催された「バイリンガルのキャリアフェア」に出展者側として参加したときの話をしたく思います。


このイベントは外資系を中心としたバイリンガルやバイリンガル学生、外国人留学生のための就職情報サイトを運営しており、私は当時在籍していた人材紹介会社として参加してました。

このブースに交替で張り付いて「無料転職相談」を行うのですが「日本語のわからない外国人」も多数参加しているので面談も結構大変。

あるていど日本語のわかる外人と面談したのですが、より深く突っ込んだ話をすると相手にわかってもらえない。まぁ、みぶり手振りで何とか。

「日本語のわからない方、大丈夫ですか?」と受付係から声をかけられると手をブルンブルン振ってしまう。

面談は「英語の得意な日本人」を中心に振ってもらいました。
結果「アドバイザーはヒマなのに求職者が行列を作ってしまう」状態もしばしば。

で、英語がネイティブな方は「英語が生かせる」をポイントに仕事を選んできているのか、肝心の仕事のスキルがバラバラな人が多い印象です。

「何をしたいですか?」と聞くと「英語を生かせれば何でもやります」と。

「『私は日本語ができます』だけでは何の仕事もありません。英語も『英語ができる』だけじゃ何の仕事もありません。英語で何ができるんですか?英語で何がしたいんですか?」と聞くと黙ってしまう、じれったさも感じます。

でも外資系だと「語学力と若さ」で結構採っちゃう時期もあったんですよね。(「今は昔」ですが)

2時間担当して8人ほど面談したけど、なぜかそういう人がほとんどでした。
隣の席は結構キャリア相談になっていたみたいだったけど。

受け付けた人数は、当初の想定数を大きく超えたみたい。

しかし相談の中身は「英語をいかしたい」「私はこれから何をしたらいいのかわからない」「ニホンデハタラキタイ」と人材紹介会社が通常扱う転職希望者に比べると、なかなか案件のご案内ができる人が来ていないという印象でした。


外資系企業で働いたことのある人たちから聞いた言葉で「外資ゴロ」というものがあるのですが、要は英語が出来るだけ職を転々としている人たちの事だそうです。

昔は、英語が話せる仕事=花形職業という印象がありましたし、それだけで高給扱いでしたが、今ではそれだけでは通用しない世の中になってきてます。

やはり、「英語」+「自分の武器(強み)」を持っていないとツライと思います。
そして「自分の武器(強み)を持つ」というところはドメスティック企業の就職事情でも同じな感じがします。

 

このコラムに類似したコラム

★就活とは→「就職するためのトレーにング」ともいえる。 平澤 一美 - メンタルコーチ(2016/09/01 17:14)

スポーツカーを買うのは女性 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/08/22 20:00)

就活は1人で抱え込まないことですね 平澤 一美 - メンタルコーチ(2016/06/23 18:43)

★就活本番。就活は最後まで「あきらめない」気持ちが大切 平澤 一美 - メンタルコーチ(2016/06/11 11:56)

そんな楽な仕事なぜ辞めるのか 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/04/26 19:00)