【旅館再生:考】 お医者さんにもコンセプトの時代 - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

伴 智之
コンセプト創造研究所 代表
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【旅館再生:考】 お医者さんにもコンセプトの時代

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
旅館経営 【旅館再生:考】

お医者さんにもコンセプトが必要な時代になった。


良い診断、良い薬、良い設備

で蔵が何棟も立つ時代は終わりました。

先日、子供がインフルエンザになったのと、毎年春の蓄膿症のシーズンを

迎えて、耳鼻咽喉科(内科)を訪れました。

いつも行く耳鼻咽喉科は、私のことを『毎度のお得意さん!』とばかりに

完治に向かわせる提案は一切無しで、とりあえずの応急処置的な薬を処方するので、

3年目の今年の春からは利用を止めました。

ネットを探しても近所に良い医者が見つからず、知り合いに尋ね聞いた

医療法人なんちゃら会 ○○○○医院 という良くある名前の医院に行ったのが、

今回のブログタイトルを決めたキッカケです。

ガラガラの待合室に20分待たせて、体温計を計って、ようやくお医者さんの

診察開始。お医者さんはしっかりと寝癖のついた50歳過ぎの男性で、

白衣もシワシワのよれよれ。話し始めるといきなりオデコあたりを体表面温度計

で計って、『さきほど脇に挟んだ体温計と変わりませんね。』と一言。

そこから素人でも分かる無用な検査のオンパレード

診察料は確か2500円位だったと思う。

ガラガラの待合室の謎が、お会計でようやく分かった。

『お客が少ない分、無用な検査で単価上げます。』だったかぁ。。。

周辺の内科はどこも老人だらけで、1時間も待ってられない若人としては、

ココしかなかったのです。。。

さて、私が居住する都内のエリアでも、歯科医院が開設しては消え

皮膚科医院が開設しては消え、整形外科医院が開設しては消え

私が子供の頃よく言われていた、

『医者になってしまえばこっちのもの』

という世界はとうの昔に終わってしまったようですね。

海外で居住していた頃、よく病院のお世話になっていて、今後の日本の医院経営の

行く末を少し感じとっていました。

(理由は、風邪とか、腰痛とか、ぎっくり腰で救急搬送とかです)

4つの医療機関にお世話になりましたが、そのうち2つはシーズンごとに

DMを送ってきていました。

日本では法律的にまだ難しいですが、すぐそこにある世界です。

診察も症状を見るというより、サービス接待業に近いパフォーマンスです。

細かい気配りや、患者の気分が悪くならないようにする配慮、

そして、次回の来院を促す口頭セールスです。

『またのお越しを心の底よりお待ち申し上げております。我々のクリニックは


大病院のUCLAへの紹介が出来、最新技術の何とかスキャンを採用して、


・・・・あなたにとって最高のパフォーマンスを提供できて、・・・・』という感じ

で約5分間位の説明です。

日本でも同じようなものは院内ポスターで貼ってあったりしますが、そんな

ものではなく、もっともっとガツガツしてます。

私が在住していたサンディエゴだと国境の都市なので、ライバルは国境を

越えたメキシコの激安医療機関です。米国は医療費が高いので、国境を

越えて治します。

例えば、歯科矯正なら10分の1、20分の1の費用で対応してくれます。

medical2.jpg

どうでしょう。

日本の医療の先行きが見えてきませんか?

日本のお医者さんのライバルは、3軒となりの『ネット口コミ名医』もそうですが、

お隣韓国の激安医療機関だったりして。

『医者になってしまえばこっちのもの』ではなくて、

『医者になってしまえばあっち(韓国)のもの』の時代が

来そうな気がします。

そうなったらどうするか?

旅館ホテル業界の皆さんの方が、ある意味先を行ってます。

コンセプトで勝負するしかありません。

コンセプト経営2-1.jpg

医療設備も類似で最新のもの、十分な人員の医療体制、

国内未認可の薬品、笑顔でカタコトでも十分通じる日本語を流暢に話す

医師と看護師さんなど、逆立ちをしたって敵わない状況がやってきます。

設備に依存する限り、勝負するマーケットが広がれば広がるほど、

同じく設備に依存して新規参入する競合が増えてきます。

設備に依存するマーケットを完全に牛耳れば、そこには楽園

あるかもしれません。

でもそこまでの投資勝負に耐えきれるかが決め手です。

ではどうするか。

あなたにしかないDNA(コンセプト)で、勝負するしかありません。

本ブログは、コンセプト創造研究所公式ブログに2012年5月1日掲載されたものを転載しております。



『日本の医療の未来が少し見えた!』と思う方は

ぜひFACEBOOKのページでいいね!お願いします。
images.jpg

↓↓↓ このブログ繋がりでおススメのブログはこちら
↓↓↓

【旅館再生:考】 8~9割の旅館ホテルは復活できる

【旅館再生:考】 なぜコンセプトにこだわるのか?(1)


コンセプト創研ブログ3-2.jpg
higasi-1.png

このコラムに類似したコラム

今度はファブレットですか 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/05 14:44)

ありそうでないことを生み出す 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/01 09:08)

アップルの転換点 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/10/08 17:44)

中小企業診断士養成課程修了生活躍中で紹介されました 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/12/15 08:00)

全仏オープンテニス 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/05/30 08:00)