社内報で、まずは知ることから - 広報・PR - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報で、まずは知ることから

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR

ある企業さまを訪問

企業のVisionを伝達したいとのこと

本部にいらっしゃるマネージャークラスは、勉強会などでしっかりと刷り込まれている

一方、現場、特に地方拠点では、独自の理解で伝達、浸透への取り組みを実施している

 

そもそも、なぜ、この企業が、Visionの浸透に取り組むかというと、

お客さま先に常駐して仕事をしているからである

常駐先の指示のもと、日々の業務を行っており、

自分の会社という所属感を持てないからである

 

自社への所属感、求心力を高めるべく、Visionを作成、

その浸透に力を入れているのだが、

そもそも、自分の会社のことを、現場の社員は知っているのだろうか

いきなりVsionを提示する前に、実は、自社のことを知るべきではないか

そのような意見がご担当者から発せられた

 

自分の会社のことを知ることにより、

もしかしたら、Visionがなくても、求心力が働くのではないか

 

逆に、自分の会社のことを知らずして、Visionがあったところでどうなのだろうか

 

よって、まずは、部門紹介、拠点紹介、自社の製品紹介を

社内報のキーコンテンツとして、自社を知るというフェーズが完了してから

Visionの浸透に取り組もう

そのような段取りに落ち着いた

 

まずは知ることから

組織内コミュニケーションの始めの一歩ではないかと思う

 

好評開催中 社内報セミナー http://icomu.or.jp/?p=788

 

このコラムに類似したコラム

社内報の捉え方 ・・・ 関係性の話 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/02/13 23:28)

社内報が読まれる理由 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/30 22:26)

伝える技術を考える 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/24 17:28)

社内報の世界から飛び出して 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/29 09:58)

コミュニケーション・ミックス 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/26 21:49)