GoogleのSSL化余波?~検索フレーズは取得できるのか?~ - アクセス解析・効果測定 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

GoogleのSSL化余波?~検索フレーズは取得できるのか?~

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. アクセス解析・効果測定
便利なIT情報 インターネット・ホームページ何でもデータ

GoogleのSSL化余波? ~ウェブマーケティングに必要な検索フレーズはどこまで取得できるのか?~


1.はじめに

2012年3月6日、google.co.jp(日本のGoogleサイト)において、一部の検索結果に対してSSL化が始まりました。この結果、Gmail等Googleの提供するサービスにログインしているユーザが、Google検索エンジンで検索した場合、リファラー情報に検索フレーズが入らないように仕様が変更されています。この変更はEU等において、情報保護の訴訟が広がっていることが原因と考えられます。
その結果、アクセス解析において、上記に該当する結果については検索フレーズを取得できないという状況になりました。
これは「自然検索による流入」のみ適用され、Google AdWords広告からの流入の場合にはGoogleにログインしているユーザについても検索フレーズの取得が出来ます。
この改変の結果、検索フレーズが取れなくなるケースはどの程度あるのか、oogleにログインして検索を行うユーザがどの程度いるのかを知ることは、ウェブマーケティングを担う人にとっては必要なことです。
そこで、株式会社環では、シビラのデータを元に、サイトごとに検索フレーズが取得されない率を計測しました。

 

2.総括

Googleで検索され流入したトラフィックのうち、検索フレーズが取得できない(シビラでは「---未取得---」と表示)率(以下未取得率)は全体では12.1%でした。
分母は「Googleからの流入数」、分子は「未取得とされた数」です。
ですから、Yahoo!からの流入が多いサイトについては、影響度は少ないですし、Googleからの流入が多いサイトについては影響度が大きくなります。

詳細やデータは下記をご覧ください。

http://www.sibulla.com/column/report_website_analize_2012_05_01/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「便利なIT情報」のコラム

このコラムに類似したコラム

検索キーワード・フレーズはアクセス解析で取得できなくなる? 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/09/24 10:35)

価値ある努力・SEO対策 和久井 海十 - ITコンサルタント(2012/12/01 10:30)

2011年を振り返る 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2011/12/28 15:00)

ウェブマーケティングのフレームワーク 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2010/06/10 20:53)

キュレーションメディアの今後と肝に銘じること 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2016/12/05 18:46)