愛犬家とバリアフリー住宅 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

愛犬家とバリアフリー住宅

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
やさしい建築であること

愛犬と快適に暮らす工夫を盛り込んだ愛犬家仕様を特徴とする住宅を最近よく見かけます。
消臭・調湿効果があったり、汚れにくかったり、滑りにくかったり、といったペット対応の床材やクロスなどの建材もだいぶ選択肢が増えてきました。こうした建材に頼るだけでも愛犬との暮らしはだいぶ改善されますが、住まいの設計にも工夫が必要です。
以下に主な愛犬のための工夫を挙げてみます。
・ヘルニア等、関節疾患を予防するために床を滑りにくくすると同時に段差を解消する。
・皮膚疾患を予防するためにシックハウス対応の徹底と通風、採光のよい空間にする。
・愛犬がくつろげる場所をつくる一方で、触れて困るものは触れられないようにする。
このようにしてみると、病気や怪我の予防を見越して優しい空間設計をするといった愛犬家仕様の住まいの工夫は、高齢者や子供を対象にしたバリアフリー住宅の工夫と似ています。愛犬にとって快適な住宅は、飼い主にとっても快適な住宅なのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「やさしい建築であること」のコラム

トップライトの効果(2012/12/18 16:12)

愛犬家とバリアフリー住宅(2012/07/18 11:07)

このコラムに類似したコラム

ざわざわ森ペットクリニック。 石塚 和彦 - 建築家(2011/11/13 21:28)

犬好きに悪い人はいない・・のか? 杉浦 繁 - 建築家(2011/04/05 22:13)

スタイルハウジングEXPOに参加します 一條 美賀 - 建築家(2010/06/09 17:59)

建築家31人×3works vol.12 3月に開催します。 一條 美賀 - 建築家(2014/02/21 11:02)

室内での熱中症対策に 斉藤 進一 - 建築家(2013/08/29 16:16)