耐震リフォームのチェックポイント コラム⑨ - 耐震検査 - 専門家プロファイル

株式会社 アイジーコンサルティング 不動産インスペクション課 課長
静岡県
中古住宅専門家
053-412-7766
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅検査・測量

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震リフォームのチェックポイント コラム⑨

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅検査・測量
  3. 耐震検査

軽量化及び劣化事象の根本解決

画像1参照

 地震時の建物の揺れの大きさには建物の重量が関係します。特に屋根の重さはとても大きなポイントです。

建物の耐震性をUPするのに、強い壁を増やすことはもちろん重要ですが、屋根材を軽い素材に葺き替えることで建物全体にかかる負担を軽減させることも効果的です。特に土葺き瓦の場合は、土の重量だけでも相当です。

外壁の張り替え

画像2参照

 そもそも日本の住宅は、8~12年程度で塗装を行わなければ、雨だれ、劣化(触ると白くなるチョーキング現象)、ひび割れ(クラック)、剥がれ、浮き等の症状が出てくる粗悪な建材が一般的に使われています。

これは、長持ちする建材を使うと、建材メーカーや住宅メーカーの仕事がなくなってしまう、という業界の悪しき常識が原因ですが、だからといって手を入れないわけには行きません。工法や建材、塗料や状況にもよりメンテナンス周期が変わります。

メンテナンスを怠ってし まうと、外壁の劣化部分から内側へ雨などが入り込み、柱・土台の腐れなどを引き起こし、著しい耐震性の低下だけではなく、建物の寿命そのものまで低下させてしまう恐れがあります。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(静岡県 / 中古住宅専門家)
株式会社 アイジーコンサルティング 不動産インスペクション課 課長

中古住宅の専門家として、心強い味方になります。

資金計画(ライフプラン・住宅ローンの提案)から中古物件の見方、購入前の住宅診断、住宅の瑕疵保険・保証のご相談、購入後の住宅のメンテナンスの仕方まで、トータルでサポートさせていただいております。

053-412-7766
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

朝日住まい作りフェア 耐震ミニセミナー 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/05/20 22:55)

耐震リフォームのチェックポイント コラム⑦ 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/04/29 18:02)

耐震リフォームのチェックポイント コラム⑤ 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/04/15 17:57)

耐震リフォームのチェックポイント コラム④-1 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/04/08 20:12)

耐震リフォームのチェックポイント コラム②-2 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/03/25 09:47)