仏壇の置き場所と親父の座り位置 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仏壇の置き場所と親父の座り位置

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●Coffee Break

高度成長が始まる昭和40年代初め頃から云われていることですが、家に親父の居場所がありません。
昔の家は序列がはっきりしていて、誰が何処に座るか言外に判りました。親父は仏壇の前に座り家族に睨みを利かせていました。最近の家にはそもそも仏壇の置き場所がありません。
ライフスタイルが和室の茶の間から、板の間のリビングに移行した為、和室を造る習慣が無くなり、仏壇の置き場所に困る様になっています。

私の家には和室があり、そこに仏壇を置いていますが、リビングが別にあるため、家族が和室で集うことはありません。仏壇だけ和室にひっそりと置かれている状態です。また、私がリビングで座る位置も安定しません。どこにいても居心地が悪いのです。

仏壇はテレビやパソコンの様に情報提供してくれません。冷蔵庫や洗濯機の様に家事炊事もしてくれません。しかし位牌を見ると故人を偲ぶ事ができます。普段は気にも留めませんが、自分が壁にぶつかった時や、重要な決断を迫られる時は、苦しい時の神頼みでは無いですが、親だったらどう考えただろうかとか思いながら、仏壇を見ています。昔の親父もそう云う心境で仏壇と会話をしていたから、仏壇の傍にいたのではないかと最近思うようになりました。

こう考えるならば、仏壇は人のいない和室に置くべきものではなく、人が集うリビングに置くのが正しい仏壇の置き方に思えてきます。仏壇がリビングにあれば親父の座り位置が定まります。親父の居場所が生まれるのです。
仏具屋さんも、色々な宗派があり簡単にはいかないでしょうが、小型化するだけでなく、リビングにマッチする様な仏壇を考案すれば、もっと売れると思うのですがねえ・・・

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

このコラムに類似したコラム

【地震“とか”にメチャクチャ強い家って?】 須永 豪 - 建築家(2015/12/10 11:09)

【光を抱く家】雑誌掲載されました 西島 正樹 - 建築家(2015/01/07 16:40)

強い家造り  20 中舎 重之 - 建築家(2014/08/18 10:37)

戦後日本住宅伝説 岩間 隆司 - 建築家(2014/07/25 10:19)