キャリアアドバイザーの役割 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント
キャリアカウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キャリアアドバイザーの役割

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
キャリアカウンセリング キャリアディベロップメントプログラム
今日はGCDFキャリアカウンセラーの継続学習で
慶応義塾大学のキャリアリソースラボラトリーの
花田光世先生の講義でした。

キャリアアドバイザーの役割
〜キャリア自律を支援するキャリアアドバイザーの役割と
その組織的位置づけ〜

という内容でした。

私たちキャリアカウンセラーを日本では、
人材紹介会社のコンサルタントと勘違いされることが多いのですが、
決して「転職」紹介だけをする職業ではありません。

特に今回の花田先生がおっしゃっているキャリアアドバイザーは、
自社の組織内にいらっしゃる前提。

今後、社員が自律的にキャリア開発をできるように、
会社として組織として支援していくことがとても必要になる。

メンタルヘルスの問題も、若手の離職率の問題も、
社内に「ちょっとした」悩みでも相談できる人がいれば、
解決できたりする・・・という前提に立ち、
キャリアアドバイザーの必要性をお話くださいました。

昔は人事や上司が行っていたその役割が、
現在は、少数精鋭で効率化し成果を出す・・という世の中になり、
時間、リソースなど余裕がなくなり、果たせなくなった。

だからこそ、キャリアアドバイザーが必要である。

とはいえ、まだまだ自社内にアドバイザーを置ける企業も
多くはない。

私たちキャリアカウンセラーが必要とされる時代が
まだまだ続くと思われる。

本当は、このような職業がなくても個々人が自律し、
自分のキャリアを自分で決めていける世の中にし、
私たちのような職業がなくなってもよい時代にしなければならない。

でもまだまだ世の中も不安定であり、個々人の自立に対する
企業や組織の意識もまだ変わっていないこともあり、
私たちは必要である。

改めて自分の役割について、考えるきっかけを与えてもらった時間でした。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(キャリアカウンセラー)
キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

ソフトバンクBB株式会社で人事・採用業務に携わり、その後、大手人材会社にて求人開拓営業などに携わる。2007年に独立し、現在はフリーのキャリアカウンセラーとして、経営者や一般の方の相談を受けている。

カテゴリ 「キャリアカウンセリング」のコラム