皮下脂肪と汗の関係。汗っかきのあなたへ! - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

皮下脂肪と汗の関係。汗っかきのあなたへ!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

みなさま、こんにちは。

汗ばむ季節がやってきました。

こまめなシャワーがいとしい季節です。

今日はその汗について考えてみましょう。


季節が変わり気温が上昇すると、体内の温度を下げるために汗がでてきます。

皮下脂肪が多いと身体の中に熱をためこみますので、

皮下脂肪が少ない人よりも多い人のほうがたくさんの汗をかきます。

皮下脂肪が少ない人ほど少量の汗で体温調節ができるのです。


しかし、エアコンのきいた部屋にこもっていると汗腺が退化するともいわれており、

汗のかけない身体になってしまいます。

皮下脂肪の多い人は熱中症へのリスクが高まります。


しかも運動不足でストレスに弱ければ、

冷や汗三昧の生活になってしまうかもしれません!


う~ん。

問題です。


ではどういう身体になればいいのでしょうか?

冬は皮下脂肪があったほうが身体があたたかいと思いますので、

ある程度の皮下脂肪はつけましょう。

そして、夏は皮下脂肪を薄くしていくのです。


冬はため込み、夏は削ぐ、、、、

そんな皮下脂肪大作戦をはじめましょう!


チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

http://www.chairobics.co.jp









カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

エコノミークラス症候群の裏にあるストレスへの対応 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2016/04/20 00:14)

『休養はなぜ大切なのか?』あなたもここでひとやすみ。 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2016/04/15 18:43)

花粉症対策-首回りをほぐしましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/03/07 13:30)

ピラティス&メンタルゴルフレッスンの成果-コンペ優勝!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/04/21 18:32)

第3回ピラティス&メンタルゴルフレッスン会-メンタルレッスン 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/04/20 08:50)