中堅・中小企業が変わるための第一歩 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中堅・中小企業が変わるための第一歩

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略
中小企業診断士の長谷川です。こんにちは。
今日は中堅・中小企業の生き残り策についてのお話です。

中堅・中小企業の経営者や次世代経営者とお話をさせていだくと、ある一つの傾向に気づきます。

現在比較的経営が安定している経営者や次世代経営者のほうが問題意識が高く、今後の企業運営に対して大きな危機感を抱いていることです。

特に次世代経営者からよく出てくるのが「今のままでは会社は生き残れない」という言葉です。数年後に自分が経営者になった時を冷静にイメージしているからこそ、このような言葉が出てくるのでしょう。

会社が生き残るためには、会社が変わらなくてはならないのですが、中堅・中小企業は大口の取引先との関係などを考慮するなど、リスク低減についての検討が必要になります。

但し、一番大事なことは自社の内部資源に目を向けて、経営者自らが今後どのように変わりたいのかということを明確にすることと、実際どのような方向性で変われるのかという実現可能性を判断することでしょう。

自社の内部資源に目を向ける、自社の社員とのコミュニケーションを密にしてみる。自社の良さを見つめなおすことが、会社が変わるための第一歩です。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

多面的な見方(2016/12/07 09:12)

世代交代(2016/11/17 09:11)