化学メーカーへの転職 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

杉本 勉
株式会社エリートネットワーク 法人営業 兼 転職カウンセラー
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

化学メーカーへの転職

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
最新の 転職マーケット情報 企業との打ち合わせ現場から

このところ、複数の大手化学メーカー様へお邪魔して、
求人のヒアリングをさせて頂いているのだが、
皆一様に、機械・電気系人材の不足感を嘆いておられる。

何故、化学メーカーで機電系人材なのかといえば、
「プラント人材」のニーズである。
大きなプラントを保有する化学メーカーは、自社でプラントの設計から運用まで行う企業も多く、
自社内に機電系に強い人材を抱える必要がある。
しかし、多くの機電系の学生は、自動車・エレクトロニクス業界を筆頭に
機械・プラント会社への就職が一般的であり、
そもそも、化学メーカーを就職先にすることを検討している人は比較的少ない。

つまり、求人需給のギャップがここに生じているのである。

実際のところ、化学メーカーにおける機電系人材は、その希少性から、
各企業にて、中途入社でありながらも役員や部長に昇格するケースも数多く見られ、
オーソドックスに自動車・エレクトロニクス・機械・プラント会社に就職するよりも、
“出世”する可能性が高いとも言えるのである。

現職で自らの将来が少し見えてしまった自動車・機械・プラント会社にお勤めの機電系キャリアの方は、
異業種のメーカーに目を向けてみると、意外とキャリアに広がりが出るかもしれません。

例えて言うならば、
英語が得意な人が外資系に入社しても、
英語力というバリューは薄まり(できて当たり前)、それ以外のスキルがモノを言うのに対して、
日系企業では英語ができることが1つの強みとなり、非常に重宝がられ、
出世するようなものかもしれません。

幅広く世の中を見渡してみると、
もっと活躍できるフィールドが用意されているのかもしれませんね。

このコラムに類似したコラム

天職に近づくために確認したい3つのこと 新垣 亜希 - キャリアカウンセラー(2012/04/01 08:27)

中長期キャリアプランのご相談 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2007/01/26 11:11)

『4つの山を越えよ・ポスト終身雇用時代の転職術』を出版しました 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2013/06/24 08:00)

転職の手帖18:日々、初心に還る 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2013/05/24 07:00)

転職の手帖13:オファー内容を確認し、入社を決断する 1 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/12/18 13:15)