ボーナスキャンペーンをチェック その4 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ボーナスキャンペーンをチェック その4

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
気になるっ!金融商品解説
ボーナスキャンペーンといえば、定番の外貨預金です。

三菱東京UFJ銀行では、金利のお得に加えて為替手数料もお得という2段構えのキャンペーン実施中です。

まず為替手数料は、米ドルなら通常1円かかるところが10銭!ユーロなら1円50銭のところが10銭!

で、金利は米ドル1年物で4.6%、ユーロ1年物で2.4%です。

早速米ドルで検証してみましょう。

6月29日現在の為替レートは1米ドル116円。50万円相当額から始められますが、分かりやすいように5000ドルで計算してみます。

5000ドルx(116円+0.1円)=580500円
580800円を元手に為替手数料1米ドルにつき10銭で両替をします。

5000ドルx4.6%x0.8=184ドル
1年後税引き後の利息は184ドルです。

1年後ドルを円にもどすことにします。為替手数料は通常に戻りますから1円です。

まず為替レートが変わらない場合
5184ドルx(116円−1円)=596160円が元利合計です。15360円が円ベースでのもうけです。なかなかイイですね。2.64%の利回りです。

もし為替レートが5円円高の111円だったら・・・
5184ドルx(111円−1円)=570240円。これでは元本割れです。

損益分岐点は、1ドル=113円位。1年後の為替が113円より円高になると元本割れてしまいます。

もしこのキャンペーンが気になる方は、7月31日まで実施してますから、1ドル116円で始めるのではなくもうちょっと様子を見て決めても遅くないと思います。