睡眠専門家のストレス対処スキル  コーチング 2 - 睡眠障害 - 専門家プロファイル

快眠コーディネイター 力田 正明
Sleepercise (スリーパサイズ) 代表
大阪府
快眠コーディネイター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

睡眠専門家のストレス対処スキル  コーチング 2

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 睡眠障害
睡眠知識 ストレス対処 コーチングスキル

【はじめに】

 ◆ みなさん! 不眠が起こる大きな要因の一つとして、ストレスがあります。

ストレス解消法などをストレスコーピング(対処法)といいます。

私は、認知行動療法、交流分析などの心理療法のアプローチを、睡眠改善コンサルティングに

活かしていますが、その前提に、「カウンセリングの傾聴スキル」「コーチングの質問スキル」 があります。

特に、コーチングはセルフコーチング(自分で自分に質問しながら、気付きなど整理していくことができます。)として、

ストレス軽減に役立たせてほしいと言う思いで、エッセンスをお伝えさせていただきます。

 

◆ 私は、不眠になる前の予防として、もしくは、なったとしてもストレス改善法として、

セルフコーチングが有効だと考えています。


一つだけ読者の皆様に約束してほしいことがあります。

「必ず、何か一つ、何でもいいので行動してみてください。」 

そこから、見える風景が変わります。

 

◆ 2回めは、「 教育と学習の違い 」 です。


1.「コーチング」の考え方の中に、

「人間の無限の可能性と学習力を前提に・・・・お互い学びあい、強みを引き出すコミュニケーションスキルです。」

があります。

 

この文章の中の、「学習力」という言葉が、キーポイントです。そのためには、学習と教育の違いを知る必要があります。

 

たとえば、 「教育」 と聞いて、みなさんは、どんなシーンをイメージされますか?

  教室で、教師が壇上に立ち、一方的な情報発信で、授業をすすめるようなシーンは、まさに、「教育」です。

 学び手は、受動的な立場に置かれ中で、授業は進められます。 最近でこそ、「参加型ワークショップ」スタイルも増えてきま したが、まだまだ、そこには主体性を出す機会があまりない、受身の学習です。

 「教育学」という学問体系があるように、今まで多くの専門家が、学問領域として研究されててきました。

 反面、学習については、体系的な研究はされてきていませんでした。


 ◆ まとめると・・・・


 教育は、個人の外側から内側への働きかけ。

 学習は、個人の内側から外側への働きかけ 


 コーチングは、学習のベクトル(Lerning)を側面からサポートするものと言えます。

  1.コーチングは、人間生活の様々な場面な領域で有効に機能。

  2.コーチングは、学習者が中心の考え方。

  3.コーチングは、枠にはめるアプローチでなく、学習者の個々の

    具体的な状況に応じた個別アプローチ。


 ちなみに、教育は、Teachingで、 「教え込む」 というアプローチに なります。  




このコラムに類似したコラム

睡眠専門家のストレス対処法 自分の中のキャプテン 15 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/05/26 18:00)

睡眠専門家のストレス対処スキル  コーチング 1 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/05/02 01:10)

こころを癒す作業 藤永 英治 - 心理カウンセラー(2015/01/10 17:23)

睡眠専門家のストレス軽減法 43 数字で・・・・ 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/08/13 19:47)

睡眠専門家のストレス軽減法 42 適材適所 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/08/05 14:00)