最近になって床がフワフワして来たが、地震が来ても大丈夫か? - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最近になって床がフワフワして来たが、地震が来ても大丈夫か?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●建物の安全性を求めて

昭和40年代の家の床に多く見られます。
床材として、合板フローリングが出始めた時代の床です。合板フローリングはベニヤ板の表面に薄いフローリング材を貼り付けた建材で、一時は無垢フローリングは無くなるかと云われるほど流行りました。無垢材の欠点である、反りや割れが無く床暖房にも対応出来ます。
今でも数多くの合板フローリングが使用されていますが、初期の合板フローリングは合板を貼り合わせている接着剤が劣化してきて、合板の層が剥がれ出しています。フワフワの原因はフローリングの劣化によるものです。土台や根太・梁が傷んでいる訳ではありません。この当時の床材は構造材と云うよりも、仕上げ材としての機能しか果たしていませんので、部分的にフワフワしている程度でしたら、地震による影響は出難いと思われます。
最近の根太を用いない、根太レス工法ではモノコック構造としての床材の剛性は重要になっていますが、火打ち梁で剛性を確保するタイプの床構造では床材自身が果たす構造的役割はそう大きくはありません。
家をリフォームする際に張り替えれば良いでしょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●建物の安全性を求めて」のコラム

ALC板の劣化(2013/08/23 08:08)

自邸の耐震改修(2013/01/10 08:01)

このコラムに類似したコラム

建て替えとリノベーションどちらが安いのか? 杉浦 繁 - 建築家(2013/08/25 14:15)

杉板の床を体験できるショールーム(東京) 志田 茂 - 建築家(2013/05/18 16:52)

セカンドライフ世代のリフォーム完成見学会 福味 健治 - 建築家(2013/05/17 08:19)

冷気は足元からやって来ます 福味 健治 - 建築家(2012/12/03 06:42)

認定工法にご注意! 青沼 理 - 建築家(2012/10/23 18:57)