トレンドを読む:SMAP、中居さんから学ぶもの - 販促・プロモーション全般 - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

トレンドを読む:SMAP、中居さんから学ぶもの

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション全般
女性客、高齢者が来店しやすいお店づくり あ〜勘違い。女性客が良しとするお店とは

SMAPといえば、SMAPですよ。国民的アイドルグループ。でも、もう「アイドル」ではないのかな?

中居さんは、そのSMAPのメンバーでリーダー。

彼は、今、ドラマの「ATARU」で、サバン症候群、脳の発達障害で事件を解く、主人公として出演。視聴率ともに好調で本当に当たっています。

そんな彼はおもしろい特徴があります。

「音痴」

マーケティングのSWOT分析の「弱み」にも挙げられそうなくらい、わかりやすいほどの「弱み」。

えっ。SMAPといえば、歌手で、アイドルグループといえば、歌うの当たり前だし、CD発売に、全国ツアーもおこなっています。ソロパートだってあります。

そう、「音痴」といえば、芸能人、歌手として、致命傷ですよね。

しかし、そんな「弱み」も今では、一つの個性として輝けるのも、彼の芸能人としての生き方でしょうね。

では、「強み」としては、

・ダンスが上手

・MC、司会ができる

・俳優として活動ができる

・コント、コメディができる

ダンスが上手なのも特徴ですし、コントのふざけたものから、シリアスな役柄まで演じることができますし、司会としては、紅白の司会も経験積みで、おそらく年齢とともに情報番組から報道番組までこなしていくんじゃないでしょうか。

「音痴」を十分フォローするくらいの芸能活動ができるところがすばらしいですね。といっても、いつしか「音痴」が代名詞で、個性として生き残るのはすごいことじゃないでしょうか。

企業の場合、プロジェクトや新事業の際、SWOT分析をして

「強み」を生かしていく方法をとることがほとんどです。その方が、即効性があります。どちらかというと、「弱み」はその時点で、バサリと切り捨てられ、目を向けないことが多いはずです。

「弱み」を個性として売りにする

中居さんのような売り方はなかなか難しいですね。

ただ、難しいとばかり、言っていてはいけないのでは・・・?と思います。

一見、矛盾したことを言いますが、この「弱み」も見方や角度が変われば、強い個性となるかもしれません。

芸能界の話で申し訳ないですが、「デブキャラ」のタレントさんがいますね。

正直、学生時代なら、クラスの中の優れた強みを持つキャラにはなれていなかったはずです。どちらかといえば、マイナスイメージ。

ところが、芸能界では「おデブ」なタレントとしてニッチな芸能活動を確実にモノにしています。

一見、「弱み」として見えるところも、ひょっとすると見せ方しだいで、会社の個性、かもしれません。

ゴールデンウィーク、空いた時間に自社の「弱み」って本当に「弱み」なの?

ひょっとして、「弱み」だと思いこんでいる?

再確認するのもいいですね。


このコラムに類似したコラム

販促・広告ピックアップ【ほぼ週刊 情報クリップ】<2014/10/04-10/10> 有馬 典寿 - 販促・広告お助け人&1枚企画書ライター(2014/10/15 10:05)

購買動機の本質とは(2) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2013/10/09 16:05)

あなたの店の前を歩いているひともあなたの店を知りません 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/08/27 06:16)

届く、パーソナル・マーケティング例 磯部 茂 - コピーライター(2013/05/28 10:22)

インターネット動画の一日の視聴率が41%! 北村 卓 - マーケティングプランナー(2013/02/20 10:06)