人間の弱さを前提した情報セキュリティ - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人間の弱さを前提した情報セキュリティ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
内部統制
中小企業診断士の長谷川です。こんにちは。
今日は情報セキュリティについてのお話です。

昨日は情報を守る視点の重要性についてお話しましたが、今日は情報セキュリティでもう一つ重要なことについてお話します。

忘年会シーズンに入ってきましたが、この時期話題になるのがパソコン管理の重要性です。飲みすぎでパソコンを電車の網棚に忘れてしまい、情報漏洩したなんて事件が新聞でよく報道されていましたね。

人間は誰でも弱いものですし、ミスもします。そういった前提にたつと、情報セキュリティを高めるためには、ITの有効活用が不可欠になります。情報セキュリティに完璧を目指すことは非常に困難なことですが、ITを有効活用することで、リスクを低減させることは可能です。

情報セキュリティポリシーなどの文書化も重要ですが、それ以上に実効性のあるIT対策の導入が必要です。

人間の弱さを前提にした情報セキュリティ。中堅・中小企業の経営者の方は是非このような視点で情報セキュリティを見つめなおしてください。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「内部統制」のコラム

緊急対応(2016/11/22 09:11)

Yahoo!から個人情報が流出(2016/10/05 10:10)