小さな会社の人事制度 - 人事評価・賃金精度 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

渋田 貴正
渋田 貴正
(組織コンサルタント)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2017年03月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小さな会社の人事制度

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事評価・賃金精度
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 お勧めの取り組み

現在10名ほどの会社の人事制度作りをお手伝いしています。先日の打ち合わせで社長が「社員は人事制度なんて興味がないのかと思っていたら、実はものすごく気にしていたことがわかった」と言っていました。社員に話しても反応が薄いのでそう思っていたとのことでしたが、何かの話の中で実は社員たちはこれから先自分の給料がどうなっていくのか、処遇がどうなっていくのかを不安や期待、どんなやり方をするのかなど、いろいろと思っていたようです。「人事制度に手をつけておくにはちょうど良いタイミングだった」とのことでした。

 小さな会社の経営者には、人事制度の策定にあまり意義を感じない方も多くいらっしゃいます。経営者の目が社員全員に届きますから、「一人ひとりの仕事ぶりはわかっているし、評価もできる」、「給料はお互いに話をして納得して決めている」などと言い、今まで積み重ねてきた信頼関係、信義に則ってやっていけば問題ないと思っています。一方社員はどうかというと、もちろん会社を信頼はしていますが、例えば評価基準は社長の頭の中だけにありますから、今までこうだったから将来もこのままという保証は無く、自分がどうあるべきかも何となく感じ取るしかありませんから、やはり不安は感じていると思います。

 人事制度はこのレベルの人にはこんな役割を要求し、こんなやり方で評価して給料はこうして決める、レベルアップのためにこんな支援をする、教育をするなどの枠組みを示すものです。社員が目標を定める目安にもなります。不安が薄まり目標が定まれば“やる気”につながってきます。やはり組織で動く上では最低限の形は作っておくべきだと思います。
 私が時々やる方法ですが、社長の頭の中にあるものを聞き出してドキュメント化するだけで、実はその会社の評価制度になってしまうこともあります。あまり難しく考えずに取り組んで見ると良いと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム