相続税の延納と物納 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

中村 亨
東京都
公認会計士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

相続税の延納と物納

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
相続税
相続税や贈与税は財産課税のため、金銭での一時納付が困難になるケースがよくあります。
このような事情を考慮して、贈与税には延納制度、相続税には延納制度と物納制度が設けられています。

相続税の場合であれば、まず相続税の申告期限(相続の開始があったことを知った日から10ヵ月)までにその全額を金銭で一括納付するのが原則です。
金銭での一時納付が困難な場合、まず延納での納付を検討し、延納によっても納税が困難である場合には物納による納付が可能というということになります。

これらの納付の特例を受けるためには、申告書の提出期限までに延納ないし物納の申請書やその他の添付書類を提出しなければならないことや、延納には一定の担保を提供しなければならないなどの煩雑な作業があります。

延納、物納は税金の納付の特例であり、税務署長の許可を受けなければ受けられませんので、将来の相続税に不安があるような方は事前に納税対策として延納や物納を検討してみることをお勧めします。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!